国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Adarsh Ganesh Bhangeさん

Adarsh Ganesh Bhangeさん
 インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているAdarsh Ganesh Bhangeさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



福島 徹也先生

インド・ナグプールより、御挨拶申し上げます。 ドリームトラストの活動にご賛同賜り、感謝申し上げます。

 アダルシュは、元気に過ごしております。
 1日3回インスリンを注射しています。体重は51.8?、身長は172?です。
農学の学位を取得することが出来ました。現在、芸術の学士号取得を目指し、大学の2年年生として、朝8時から昼12時まで勉強しています。
 公務員である郵便配達の仕事を得るため、競争率の高い試験に向けての準備もしています。
 ドリームトラストでは、過去4年間、大学の学費を支援してきました。当院にインスリンと注射器を受取るため、定期的に通院しています。
彼の写真を送ります。

よろしくお願いします。
シャラッド・ペンデセイ


Dear Dr.Tesuya Fukushima,

Greetings from Nagpur, India!
I am grateful for your fine and comprehensive support to Dream Trust in realizing its goal, aims and objectives.

Adarsh is doing well.
He takes insulin 3 times daily.His weight is 51.5kg. His height is 172cm.
Already,he has successfully completed Diploma in Agriculture.
He is pursuing his second year in Bachelor of Arts.
His college timings are from 8 a.m. – 12 p.m.
He is preparing himself for the competitive examination for the post of postman in government sector.
Dream Trust has provided him educational grant for the past 4 years for his college education.
Here is his photograph.
He visits clinic periodically for the collection of Insulin and syringes.
Dream Trust also provided him travel grant enabling him to collect insulin from the clinic on all his visits.

Regards,
Sharad Pendsey

2015年08月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,735万1,984円 
  • これまでに実行した支援金
    1,644万8,092円 

(2021年10月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病