国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Shruti Pohankarさん

Shruti Pohankarさん

 インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。

藤田 利貞 様

インドナグプールよりご挨拶申し上げます!
ドリームトラストの活動の目的を果たすために、多大なるご支援に感謝いたします。

Shruti Pohankar(シュルティ・ポハンカール)

  • 1日4回インスリン注射を注射しており、4回目はグラルギンを使用しています。
  • 身長は151cm、体重は51Kgです。
  • 現在、中学3年生で、好きな科目は理科(科学)です。コロナウイルスによる都市封鎖の影響で、今年の学年末試験は中止となり、テストの結果と関係なく次学年(高校1年生)に進級することになります。
    (通常、学年末試験は4月に行われていますが、コロナウイルスの影響により今年(2020年)は3月23日に全国規模で都市封鎖が宣言されたました。それにより政府は、全学生が無試験にて次学年に進級させる決定をしました。)
  • シュルティは糖尿病専門医になりたがっています。
  • ドリームトラストでは、シュルティに奨学金、血糖測定器、自転車を提供していますが、今年(2020年)3月には、インスリンを保管するための冷蔵庫も提供しました。
  • インスリンと注射器を受け取るため、3ヶ月ごとに通院しています。
  • 彼女の写真を送ります。

よろしくお願いします。
シャラッド・ペンデセイ

2020年07月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,735万1,984円 
  • これまでに実行した支援金
    1,644万8,092円 

(2021年10月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病