国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Adarsh Ganesh Bhangeさん

Adarsh Ganesh Bhangeさん
 インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているAdarsh Ganesh Bhangeさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



福島 徹也先生

インドのナグプールより心を込めてご挨拶申し上げます。 ドリームトラストの掲げる理念と目的に共感していただき、多大なるご支援を賜り感謝申し上げます。

 アダルシュは元気に過ごしております。
 1日3回インスリン注射を打っています。身長は172cm、体重は48kgです。
彼は無事に見事、農業学士号を取得しました。今は、芸術学士号を取得するため、最終学年で勉強を続けています。2年終了時のテストの成績は61%でした。
 彼が学校に行っている時間は、午前8時から12時までです。政府の土地収入調査官と郵便局の郵便集配人になるための試験の準備をしています。
 ドリームトラストでは、今までの4年間の大学の学費を支給しました。
彼の写真を送ります。
 彼は、インスリンと注射器を受け取るため、定期的に当クリニックに通院しており、ドリームトラストでは、毎回の通院費用を支給しています。

よろしくお願いします。
シャラッド・ペンデセイ


Dear Dr.Tesuya Fukushima,

Greetings from Nagpur, India!
I am grateful for your fine and comprehensive support to Dream Trust in realizing its goal , aims and objectives.

Adarsh is doing well.
He takes insulin 3 times daily. His weight is 48kgs. His height is 172cms.
Already,he has successfully completed Diploma in Agriculture.
He is pursuing his final year in Bachelor of Arts.
2nd year score was 61%.His college timings are from 8 a.m. – 12 p.m.
He is preparing himself for the competitive examination for the post of postman/Talathi(Land Revenue Inspector) in government sector.
Dream Trust has provided him educational grant for the past 4 years for his college education.
Here is his photograph.
He visits clinic periodically for the collection of Insulin and syringes.
Dream Trust also provided him travel grant enabling him to collect insulin from the clinic on all his visits.

Regards,
Sharad Pendsey

2016年05月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病