学会・イベント 情報

医療スタッフ向け
一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 第164回特別例会
「症例報告・研究発表 - その22 -」
★本例会は:日本糖尿病療養指導士「認定更新」のための単位(2群1単位)が認定されています(認定番号:19-0379)
★当医会は:社団法人日本糖尿病学会「専門医」としての更新単位(1単位)が認定されています。
★本例会は:日本医師会生涯教育制度「参加証明書」(3.5単位)を申請中(カリキュラムコードNo.0、10、22、36、73、76)
★本例会は:日本糖尿病協会の「療養指導医更新」のための"講習会"として申請中
★本例会は:日本糖尿病協会の「歯科医師登録医」のための"講習会"として申請中
★本例会は:東京CDE/CDS「2群研修」(2単位)が「認定されています。
日 時
2019年7月27日(土)午後3:30~7:10
場 所
砂防会館(別館)
東京都千代田区平河町2-7-5地図
交通機関:地下鉄「永田町」駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口より徒歩約1分
テーマ
症例報告・研究発表 - その22 -
内 容

◆ 開催あいさつ (15:30~15:35=05)
理事長(会長):本田正志

◆ 司会:本田正志(西川クリニック)

第1演題「糖尿病黄斑浮腫の内科マネジメント~溢水および脂質是正の重要性を中心に~」 (15:35~15:50=15)
演者:亀田裕介 先生(四谷三丁目駅前眼科 院長)

【要旨】一般的に糖尿病黄斑浮腫(DME)は眼局所治療を行うが、内科的治療のみで改善する症例も存在する。今回、溢水や脂質の是正でDMEが改善した症例を提示した上で、DMEに対する内科マネジメントの重要性について解説したい。
質疑応答 (15:50~16:00=10)

第2演題「糖尿病患者の歯科疾患とフレイル・サルコペニア」 (16:00~16:15=15)
演者:斎藤杏子 先生(加藤内科クリニック 管理栄養士)
中村みゆき・柳生郁子・西山希代子・春日千加子・加藤則子・加藤光敏

【要旨】東京都下のクリニックに外来通院中の高齢糖尿病患者について、噛みにくい食べ物があるか等のアンケートと食事摂取頻度調査、フレイル・サルコペニア関連因子についての調査を報告する。
質疑応答 (16:15~16:25=10)

第3演題「2型糖尿病患者に合併した膵臓癌の2症例」 (16:25~16:40=15)
演者:岡本香弥 先生(西川クリニック 医師)
本田正志、細谷満、鈴木恵、笹川由美子、川村富美子

【要旨】日本の糖尿病患者の死因の第1位は癌であり、膵臓癌の合併率は高く、早期発見が困難である。今回、血糖コントロール悪化のため受診し膵臓癌を認めた2症例を報告する。
質疑応答 (16:40~16:50=10)

--------------- コーヒータイム(16:50~17:05=15分) ---------------

第4演題「多職種介入は糖尿病腎症患者の透析導入時の病態に関連があるか」 (17:05~17:20=15)
演者:人見麻美子 先生(北里大学病院 栄養部 管理栄養士)

【要旨】糖尿病腎症(腎症)患者に対する多職種介入の有効性が報告されているが、その効果の客観的検証は十分でない。腎症患者へ多職種介入と管理栄養士のみの介入を調査し、透析導入後の病態などへの影響を後方視的に比較した。
質疑応答 (17:20~17:30=10)

第5演題「糖尿病腎症に対する減塩食の効果の再評価」 (17:30~17:45=15)
演者:中村宏志 先生(中村医院 院長)

【要旨】糖尿病腎症患者20名に対し、減塩食療法を1年間行い、食塩摂取量・血圧・尿中アルブミン排泄量・血清クレアチニンは、いずれも減少していた。減塩食糧法は有効であるが、この効果が血圧の改善によるものだけであるかについてさらに検討する必要がある。
質疑応答 (17:45~17:55=10)

特別講演「糖尿病治療を深めるー新しい血糖モニターからフットケアまでー」 (17:55~18:45=50)
講師:渥美義仁 先生(永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター長)

【要旨】経口血糖降下薬が進歩した現在も、専門家として深化が求められる糖尿病分野は多いが、インスリン治療での低血糖・高血糖の予防と、必要なCGM/FGMの活用、専門医以外注意が払われない足の観察について主に述べる。
質疑応答 (18:45:19:00=15)

◆守屋美喜雄賞の発表(賞状と賞金の授与) (19:00~19:05=05)

◆次回例会の案内(165回例会)のお知らせ (19:05~19:10=05)
菅原正弘 先生(菅原医院 練馬区)

第168回特別例会「演題募集」のお知らせ

◎2020年7月25日(土)開催予定の第168回特別例会におきまして、広く「症例発表・研究報告」等の"演題"を募集致しております。※発表のテーマにつきましては、どのようなテーマで構いません。
◎医師・コメディカルの方々(会員・一般を問わず)の奮ってのご応募をお願い申し上げます。
※お願い:発表演題のタイトルと100文字以内の発表内容の"要旨"を2020年4月20日(必着)までにお知らせ下さい。
※発表抄録は、2020年5月31日までにA4サイズ40文字×40行で2枚以内(別途、図・表OK)を事務局のメールアドレスまで添付資料として送付をお願い致します。
◎尚、初めてのご発表者に限り(1演題につき1名に)「守屋美喜雄賞」として"賞金"2万円および"記念品"を贈呈させて頂きます。(年齢は問いません)
お問い合わせは、事務局(担当:深堀幸次)までお願い致します。
【 お知らせ 】
・日本糖尿病学会では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいた運営を行うため、2019年5月開催予定の「第62回年次学術集会」から演題登録時の倫理審査確認の必須化を実施します。
・臨床研究、疫学調査、ヒト試料を用いた基礎研究に該当する演題においては、登録時に承認を受けた「承認機関」と「倫理審査番号」の入力が必須となります。
◎東京臨床糖尿病医会では、「倫理委員会」を設置しております。
◎会員の方々の「審査料」は、"無料"です。(但し、事務手数料として:5,000円)
参加費
会員ドクター 2,000円
会員コメディカル 1,000円
一般(医療従事者) 3,000円
参加申込
官製ハガキに住所・氏名・電話番号・勤務先・職種をご記入の上、下記事務局までご郵送下さい。

  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町21-12 桜丘アーバンライフA-210
  (社)東京臨床糖尿病医会 事務局:深堀幸次
  Tel.03-5458-5035 Fax.03-5458-6242

又は、E-mail(ammc@jeans.ocn.ne.jp)、ホームページ(http://www.ammc.co.jp)内の「例会参加申込フォーム」からでも結構です。追って郵便振替用紙、会場案内図等を送付させて頂きます。

共 催
一般社団法人 東京臨床糖尿病医会、ノボ ノルディスク ファーマ(株)
後 援
一般社団法人 日本糖尿病学会関東甲信越支部
[ Terahata ]
2020年01月

1月24日(土)~26日(日)

京都

1月31日(金)~2月1日(土)

群馬県高崎
2020年02月

2月1日(土)

東京
2月2日(日)
東京

2月2日(日)

東京

2月9日(日)

川崎

2月24日(月)

和歌山

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲