学会・イベント 情報

医療スタッフ向け
第20回神奈川県糖尿病療養指導研究会研修会
取得単位:
● 日本糖尿病療養指導士(CDEJ)認定更新のための研修単位
  <第2群> 日本糖尿病療養指導士認定機構認定1単位 申請中
  <第1群> 臨床検査技師 日本臨床衛生検査技師会1単位 申請中
      管理栄養士 日本病態栄養学会1単位 申請中
● 神奈川糖尿病療養指導士(KLCDE)認定及び更新のための3単位 申請中
日 時
2019年2月3日(日)10:25〜15:00(受付開始 10:00 予定)
場 所
川崎市産業振興会館 ホール(1F)
神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20地図
京浜急行川崎駅から徒歩7分、JR川崎駅から徒歩8分
対 象
医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士
その他 糖尿病療養支援に関心がある方
内 容

展示会場 ホール 10:00〜15:00
展示 (株)日本イーライリリー

司会:金子敬弘(神奈川県警友会けいゆう病院 理学療法士)

あいさつ 10:25〜10:30
代表幹事 平木幸治(聖マリアンナ医科大学病院 理学療法士)

I. 教育講演「糖尿病者の妊娠を成功させるための医療者の使命」 10:30〜12:00
座長:安島美保 先生(川崎幸クリニック 医師)
講師:大森安恵 先生(海老名総合病院・糖尿病センター長:東京女子医科大学 名誉教授)

休憩 12:00〜12:10

II. ランチョンセミナー「日本人GDMの特徴と病態を考える」 12:10〜13:00
講師:田中 逸 先生(聖マリアンナ医科大学 代謝・内分泌内科 教授)

休憩 13:00〜13:20

III. 講演「糖尿病腎症から透析まで 各職種が取り組む療養指導」 13:20〜14:50
(1)「糖尿病チーム医療で伝えたいー腎症に関係する検査とその意味」
講師:中村千鶴子(JCHO横浜保土ヶ谷中央病院 臨床検査技師)

(2)「透析になっていく患者さんを支援して」
講師:濱谷眞裕美(JCHO横浜中央病院 看護師)

(3)「糖尿病性腎症の病期ごとの栄養量を視覚的に示す」―ご本人の受け入れ、他職種との連携も含めてー
講師:亀山亜希夫(川崎市立井田病院 管理栄養士)

(4)「透析センターにおけるチーム医療と糖尿病薬物療法」
講師:八城 学(相模台病院 薬剤師)

(5)「糖尿病腎症および透析患者に対する運動療法」
講師:平木幸治(聖マリアンナ医科大学病院 理学療法士)

CDEJ・KLCDEの案内及びお知らせ 14:50〜15:00

★ 参加証明書配布 アンケートと交換(ホール1F) 15:00〜

● 日本糖尿病療養指導士更新単位取得は当日の遅刻・早退は原則として認められません。

定 員
140名(申し込み順)
定員になり次第、締め切らせていただきます。
受講料
3,000円(事前申込みの方のみ、昼食がつきます)
申込方法
詳しくは下記をご覧ください。 申込締切:2019年1月21日(月)
☆当日は、メールで申し込み後、返信されたメールを印刷したもの、または返信ハガキが参加証となりますのでどちらかをご持参になり会場へお越し下さい。尚、返信ハガキがお手元に届くまで、1週間程度かかります事をご了承下さい。
☆日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格のある方は、受付の際に、お名前と認定番号をご記入いただきますのでご了承ください。
☆ご記入頂きました個人情報は当セミナー運営にあたり、共催団体間で参加者を確認する目的として共同利用させて頂きます。
連絡先
神奈川県糖尿病療養指導研究会 事務局
Fax.044-833-3552(田邊)
共 催
神奈川県糖尿病療養指導研究会、川崎糖尿病懇話会、日本イーライリリー(株)
[ Terahata ]
2020年01月

1月24日(土)~26日(日)

京都

1月31日(金)~2月1日(土)

群馬県高崎
2020年02月

2月1日(土)

東京
2月2日(日)
東京

2月2日(日)

東京

2月9日(日)

川崎

2月24日(月)

和歌山

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲