糖尿病情報BOX&Net.

No.27
糖尿病医療や療養生活での不便や不満、ストレス
糖尿病ネットワークのメールマガジンで2010年11月に実施した「ネットワークアンケート」の結果をご案内いたします。

医療スタッフに聞きました
糖尿病医療に携わる中で、不便や不満、ストレスを感じることはありますか?
96%が「ある」と回答。その内容は「患者さんに対応する時間的余裕」が最も多く63%、次いで「診療報酬」、「医療制度」、「主治医や医療スタッフとの連携」と続きます。
糖尿病患者さんに聞きました
糖尿病で不便や不満、ストレスを感じることはありますか?
90%が「ある」と回答。“特に不便”の上位の約半数が「インスリンや薬物療法の実施」、「食事療法」で占められました。
426人(医療スタッフ104人、患者さん・そのご家族322人)の方にご回答いただき、国際糖尿病支援基金に2万1300円を寄付いたしました。
バックナンバー

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲