国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

エクアドルて糖尿病とともに生きる

 南米エクアドルで小児糖尿病患者さんを支援する活動をしているFUVIDA(Fundacion Aprendiendo a Vivir con Diabetes)をご紹介します。FUVIDAは、オーストラリアを拠点に活動しているNGO「インスリン・フォー・ライフ(IFL)」をパートナーに、1型糖尿病患者さんを対象にサマーキャンプを開催するなど、さまざまな活動をしています。

 下記はエクアドルの1型糖尿病患者 ジンジャー アンチュディアさんが書いたものです。FUVIDAとIFLより送信してきた資料をもとにしています。
エクアドルで糖尿病とともに生きる
ジンジャー ロシオ アンチュンディア ボニージャ

Ginger Anchundiaさん
 私は12歳で、エクアドルにある大きな町グアヤキルに住んでいます。2009年7月21日に糖尿病であることが分かりました。

 私はすでに痩せていました。そのときは、学校で整列して立っていて、急に頭痛がして息苦しくなり、気を失いそうな状態で、とても気分が悪くなりました。すぐに教室に運ばれ、先生たちが母に電話をしました。母は驚いて学校に飛んできました。そして、家に帰り、お医者さまに診察してもらいました。家に帰ってからも、吐き気に襲われました。

 病院に行き、薬をもらったのですが、困ったことに、お医者さまも私の体調不良の原因が分かりませんでした。それで家に帰りました。たくさんの薬を飲み始めたのですが、症状は良くなりませんでした。


医療スタッフとともに
 お医者さまたちは病院で血液検査をしましたが、血糖値を測りませんでした。2日経っても症状は悪くなるばかりで、再び病院に行きました。私は、どうしてよいか分からないまま、呼吸困難になってしまい、救急病棟に運ばれ酸素吸入を受けました・・・。そして私は昏睡状態に陥り、4日間、意識を失った状態になってしまいました。それでもお医者さまたちは原因が分からないままでした。

 それからさらに検査をし、ようやくお医者さまたちは私が“糖尿病”であることが分かったのです。しかし、私の両親は“糖尿病”が何たるものか分かりませんでした。家族に誰も糖尿病患者がいないので、家族は皆、驚きました。

 糖尿病と診断されてから、お医者さまたちは私にインスリンを注射しました。夜2回注射されることが怖くて信じられませんでした。病室に友達もなく1人でいることも怖くて、よく眠れませんでした。眠ろうとしても、腕にカテーテルを入れられていたので動くことができず、よく眠れませんでした。

 やがて、別室に移ることになり、そこで糖尿病歴6年の女の子と一緒になりました。彼女は「FUVIDA」のことを話してくれました。FUVIDAは糖尿病の子供を助けてくれるそうです。両親とお医者さまたちが、FUVIDAのアラセリーさんに電話をしました。すると翌日に、アラセリーさんが尋ねてきてくれました。とても早く来てくれたので驚きました。

 アラセリーさんは、インスリン、測定チップ、ランセットなどを渡し、糖尿病について教えてくれました。その日から、私は1日3〜4回、血糖値を自分で測り、インスリンを注射しています。

 退院してから、FUVIDAを訪ねました。皆さんが温かく迎えてくれ、いまでも両親とともにFUVIDAのミーティングに通っています。両親が糖尿病について勉強している間、私と同じように糖尿病をもつ友人たちとお喋りしたり、遊んだりできるし、糖尿病とFUVIDAについて必要なことを知ることができるので、とても幸せです。

 FUVIDAは素晴らしいプログラムです。糖尿病についての教育と情報提供をしてくれます。私は糖尿病とともに生きていますが、若さと幸せを感じることができるようになりました。だからFUVIDAのプログラムは最高と言いたいです。

【Español】
GINGER ROCIO ANCHUNDIA BONILLA Y PAPA

Tengo 12 años de edad y vivo en Guayaquil me detectaron diabetes desde el 21 de julio del 2009.
Estaba en el colegio, justo en el momento de la formación, y mis síntomas se apoderaron de mi, ya había bajado de peso pero en ese momento me dolía la cabeza, me faltaba la respiración, casi me desmayo, me sentía mal, en ese momento me llevaron al doctor del colegio de urgencia, él llamo a mi mamá, ella vino muy asustada al colegio, pero el médico solo me mando a la casa. En mi casa me dio nauseas, fui al hospital y me recetaron medicamentos y eso me complico más porque los médicos no sabían que era lo que tenia, regrese a la casa, empecé tomando los medicamentos día a día, pero mis síntomas no pasaban. Luego me hicieron pruebas de sangre, pero nunca me enviaron una prueba de glucosa.
Pasaron dos días y seguía mal, fuimos al hospital otra vez, ese yo iba desmayada, fui a emergencia, en donde me pusieron oxigeno porque yo no respiraba.. Desde ese día me internaron y estuve 4 días en coma pero los médicos no sabían aun lo que tenia, después me volvieron hacer exámenes y ¡oh sorpresa! tenia “diabetes”, pero mis padres no sabían que era “diabetes”, toda mi familia sorprendida porque nadie tiene diabetes en la familia.
Luego del diagnostico los médicos me ponían insulina, yo, no lo podía creer porque las inyecciones me daban miedo ponerme, recuerdo claro cuando me subían al piso 2 eran ya las 12 pm, me incomode en la sala porque no tenía amigos y cuando dormía no podía moverme para ningún lado por los sueros que tenia puesto en mis brazos, después me pasaron a otra sala en ella había un niño de 6 años con diabetes, el me hablo de la fundación y mis padres decidieron llamar, ellos me visitaron al siguiente día, no podía creer que fuera tan rápido, me llevaron maquinas, insulinas, tiras, lancetas, etc., desde ese día me hago las pruebas todos de 3 – 4 veces al día y me inyecto mi insulina.
Cuando salí del hospital vine a la fundación, las personas me recibieron con mucho cariño, ahora mis padres y yo vamos a las reuniones que son muy bonitas, porque mientras mis padres se quedan en la capacitación, yo voy a conversar y a jugar con mis compañeros que también tienen diabetes, con ellos he aprendido algunas travesuras importantes de la diabetes y la fundación Vivir Con Diabetes es un excelente centro de educación e información yo diría ¡lo mas excelente!, porque yo soy una joven feliz con mi diabetes.
Escrita por Ginger Anchundia
Para ser utilizada por FUVIDA, IFL, LFC,

【English】
GINGER ROCIO ANCHUNDIA BONILLA

I am 12 years old of age and live in Guayaquil, they detected my diabetes on July 21,
2009. It was at school, just at the moment when l was standing in line, and my symptoms seized my, l had already lost weight but just then my head hurt me, l found it hard to breathe, l almost fainted, l felt very bad, then l was carried urgently to the school, they called my mom, she came very frightened to the school, but then l went home and then the doctor came to my house.
In my house l became nauseaous. I went to the hospital and received medicines and that complicated things, the doctors did not know what my problem was, so l returned home. Each day I began taking lots of medicines, but my symptoms did not pass. They did blood tests on me, but never tested my glucose levels.

Two days passed and l continued to get worse, we went to the hospital again, l was dismayed, I went to emergency, where they gave me oxygen because I could not breathe.. then l lapsed into a coma and was in the coma for 4 days but the doctors still did not know what l was suffering from, later they did more test and discovered l had "diabetes", but my parents did not know what "diabetes" was, all of my family was surprised because nobody has diabetes in the family.

After I was diagnose the doctors gave me insulin, l could not believe it because l feared the injections which were given two times a night , it disturbed my sleep l was frightened because l had no friends in the hospital room. and when l tried to sleep l could not move because l had catheters in my arms, later they put me in another room there l met a girl who had diabetes for 6 years, she told me about the FUVIDA the foundation, l told my parents and they decided to call Aracely.

Aracely visited me the following day, l could not believe how fast she came to me , Aracely gave my , insulins, strips, lancets, etc. and taught me about diabetes, since that day I do my own the tests all of 3 – 4 times a day and I inject my own insulin.
When I left the hospital I visited the foundation, the people received me with a lot of affection, now my parents and I go to the meetings there and l am very happy, because while my parents remain in the training, I am go to converse and to play with my companions that also have diabetes, with them I have learned some important facts about diabetes and the foundation, FUVIDA is an excellent program, one Of education and information.
I would say it is excellent!, because I am a happy youth with my diabetes.

2010年04月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病