国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

エクアドルで糖尿病キャンプを開催

 国際糖尿病支援基金が支援しているインスリン・フォー・ライフ(IFL)より、エクアドルで開催される1型糖尿病の子供を対象とした糖尿病キャンプについての情報が送られてきました。
 キャンプは、エクアドルの西側、太平洋に面し観光地としても知られる町マンタで、7月から8月にかけて開催されます。1型糖尿病のお子さんが大勢参加します。

 IFLの理事長で自身が1型糖尿病患者であるロン ラーブさんより電子メールが届きました
 IFLの活動にご関心をおもちいただき、また、ご支援いただき、ありがとうございます。皆さまよりいただいた寄付のおかげで、このキャンプに参加するお子さんたちインスリンなど医療品や医療資材を届けることができます。

 このキャンプは7月31日から8月4日にかけて、エクアドルのマンタで開催されます。エクアドルで1型糖尿病患者さんなどを支援している「FUVIDA(Life for Diabetes Foundation)」と「Casa Diabetes(糖尿病の家)」が主催しています。

 FUVIDAをサポートするグアヤキルのグループが制作した糖尿病キャンプのビデオが公開されています。キャンプには大勢の1型糖尿病の子供、医師、医療スタッフ、ボランティアが参加します。キャンプを計画したAracely Basurto医師のお子さんも糖尿病ということです。

 IFLをインスリンが寄贈したインスリンなどは、若い1型糖尿病の患者さんに供給されます。参加する患者さんにとって、インスリンは高価なのでインスリン療法を続けるのは困難です。IFLの支援を得られないと、生き続けることができません。

エクアドルの小児糖尿病キャンプ
画面をクリックすると再生します

エクアドルの小児糖尿病キャンプ

 国際糖尿病支援基金が支援する「インスリン・フォー・ライフ(IFL)」は、高価なインスリンを得られず十分な医療を行えない途上国を中心に、国際的な支援活動を展開しています。活動の中心となるのは、先進国で廃棄される予定のインスリンや糖尿病の医療資材を集め、途上国に送付することです。最小のコストで途上国の糖尿病患者さんの命を救うことができます。

 IFLの活動はオーストラリアを中心に世界に拡大しています。米オクラホマ大学健康科学センターにIFLの活動センターが設けられ、ドイツや英国にもIFLと協同で活動する糖尿病関連の団体があります。

 途上国の1型糖尿病の子供が直面する困難な状況を紹介したメディア向け公開フォーラムのビデオが公開されています。IFLの理事長であるロン ラーブさんと、国際糖尿病連合(IFL)の小児糖尿病プログラム(Life for a Child Program)の部長であるGraham Ogle医師が、2つの団体が行っている支援活動について解説しています。

インスリン・フォー・ライフ(IFL)の活動
画面をクリックすると再生します

 詳しくは下記のホームページをご覧ください。

2009年07月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,567万2,980円 
  • これまでに実行した支援金
    1,512万665円 

(2020年02月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病