国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

エクアドルのキャンプ


途上国の糖尿病患者さんを支援しているインスリン・フォー・ライフ(Insulin for Life)(オーストラリア)より送られた、エクアドルで開催される1型糖尿病の子供を対象としたキャンプについての情報をご紹介します。

IFLの会長でIDF(国際糖尿病連合)の副理事長であるロン・ラーブさんより電子メールが届きました
IFLの活動にご関心をおもちいただき、また、ご支援いただき、ありがとうございます。
皆さまよりいただいた寄付のおかげで、このキャンプに参加するお子さんたち医療品や医療資材を届けることができます。

IFLは、先進国で廃棄される医薬品などを、途上国で有効に役立てるために活動しています。この子供たちは、そうした支援がないと生き続けることができないでしょう。



このキャンプは7月10日から13日にかけて、エクアドルのCueucaで開催されます。エクアドルで1型糖尿病患者さんなどを支援している「Casa Diabetes(糖尿病の家)」と「FUVIDA(Fundacion Aprendiendo a Vivir con Diabetes)」が主催しています。



Greetings
Your support, interest and encouragement is helping us send donated supplies to some of the children who will be attending this camp.

The fact is that without the donation of these supplies to us, which would have been wasted in the countries where we obtain them, some of these children would no longer be alive.

On their behalf, thank you all

Rgds
Ron
2008年06月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,567万2,980円 
  • これまでに実行した支援金
    1,512万665円 

(2020年02月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病