国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

2019年 活動報告

2019年06月18日
Dream Trust(インド)の1型糖尿病患者支援のためのスポンサー費7口(7人分)2,100USドル、ならびに活動資金500USドルを送金(284,934円)。
〔送金手数料3,000円〕

2019年06月12日

 途上国の糖尿病患者さんを支援するオーストラリアのインスリン・フォー・ライフ(IFL)では、毎年フィリピン各地で行われる「糖尿病キャンプ」や「検査プログラム」を実施し、現地の糖尿病患者さんへの支援活動を行っています。

  今年も2019年も現地にて糖尿病キャンプが行われ、多くの患者さんが参加しました。みなさまから多くのご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 この度、フィリピンドゥマングエテ市 ネグロス糖尿病協会より、国際糖尿病支援基金へお礼状が届きましたので、ご紹介いたします。

 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、インスリン・フォー・ライフ(IFL)を通じてフィリピンの糖尿病キャンプへ支援をしています。



2019年04月11日
2018年国際糖尿病支援基金・年次報告書を公開しました。

2019年04月04日
  「10歳以下の小児糖尿病患者さんのための糖尿病キャンプを開催(南米エクアドル「FUVIDA」)(1)」については、こちらをご覧ください。



2019年04月04日
寄付金収入(4件)10万9,350円

上記金額には、以下が含まれています。
「糖尿病情報BOX&Net.」No.60ネットワークアンケート回答分寄付金(327件×50円=1万6,350円)。

インスリン・フォー・ライフ(IFL)(オーストラリア)へ、フィリピンの糖尿病キャンプへの支援と、途上国の糖尿病患者支援のためのと活動資金2,500オーストラリアドル(20万5,750円)を送金。
〔送金手数料3,000円〕

2019年03月28日
寄付金収入(2件)18万6,000円


2019年03月06日


 南米エクアドルで小児糖尿病患者さんを支援するFundacion Vivir con Diabetes(FUVIDA)(代表:アラセリー・バスルト・カルデロン氏)では、初の試みとして、10歳以下の小児糖尿病患者とその家族を対象とした糖尿病キャンプ「Dulces Amigos Kids 2018」を2018年11月24日・25日に開催しました。<br /> そのレポートが、FUVIDAから届きましたので、ご紹介します。

 国際糖尿病支援基金は、この活動の趣旨に賛同し、2008年より南米エクアドルのFUVIDAを支援しています。



2019年02月27日
寄付金収入(2件)41,000円

上記金額には、以下が含まれています。
「糖尿病情報BOX&Net.」No.59ネットワークアンケート回答分寄付金(520件×50円=2万6,000円)。

2019年02月04日

Negros Island Diabetes Association_NIDA, Inc.スタッフ
ボイセ・リム さんのレポート

 フィリピン共和国では、インスリン・フォー・ライフ(IFL)・オーストラリアの支援のもと、現地の医療従事者やボランティアの方々が、糖尿病の患者さんやその家族を対象としに毎年1回、糖尿病検査プログラムやキャンプを実施しています。

■2017年フィリピンの糖尿病検査プログラム、糖尿病キャンプレポート(IFLレポート)
http://www.dm-net.co.jp/idaf/act/update/2017ifl.php



2019年01月17日
寄付金収入(2件)1万円


国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病