国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

2008年国際糖尿病支援基金・年次報告書


国際糖尿病支援基金・年次報告書
(2008年1月1日〜2008年12月31日)
◎はじめに

 途上国における糖尿病患者さんの現実を日本の医療スタッフや患者さんに知っていただくとともに、そのような患者さんを支援していくことを目的に、国際糖尿病支援基金が発足してから7年が経ちました。
この間、基金のホームページには多くのアクセスがあり、沢山の方々が当基金の活動に感心を寄せていただきました事を感謝申し上げます。

 期間中、個人・団体から20件の寄付がよせられ、62万4,000円の基金が集まりました。基金発足以来の寄付金の累計は484万8,534円になります。
 一方、期間中、途上国の支援のため80万6,841円(送金手数料を含む)を送金し、実際の支援活動に活用させていただきました。基金発足以来の支援金の合計は470万6,089円となりました。
 日本ではそれほど大きな金額とはいえないこのような支援でも、現地では大きな助けとなり喜ばれております。

 具体的な支援先は、国際糖尿病連盟(IDF)の副理事長であるロン・ラーブ氏が主催する「IFL(INSULIN FOR LIFE INC(オーストラリア))」およびインドで糖尿病の子どもや女性を支援する「ドリームトラスト」に対し行ないました。

また、当基金のホームページをご覧になられた方々より、途上国の糖尿病事情などについて多くの問合せを寄せていただきました。

 今後も、途上国の糖尿病患者さんの実情をご紹介し、困難な状態におかれた仲間を少しでも手助けできればと、着実に活動を続けていきたいと考えております。

 これまでご協力いただきました皆様に心からお礼を申し上げますとともに、今後とも恵まれない状態に置かれた糖尿病患者さんのために、引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
2009年1月
国際糖尿病支援基金 事務局

◎この1年の募金状況
 期間中の寄付件数 20件
 寄付金の合計   62万4,000円

◎この1年の支援活動
 支援は、以下の2つの団体を通じて行いました。
  1. IFL(INSULIN FOR LIFE INC)所在地:オーストラリア
     IFLへの支援金は、内戦が激化しているコンゴ民主共和国(インスリンなど医療資材の他食料の支援も行いました)をはじめ、エクアドルの小児キャンプ、ウガンダ、ウズベキスタン、アゼルバイジャン、カンボジア、ジンバブウェ、モルジブといった国々へインスリンなど医療資材を支援しました。
    また、地震で被災した中国やサイクロンで被災したミャンマーへの支援を色々な方法で試みたものの、支援物資を用意しながらも確実に現地に届く方法が見つからず、残念ながら、実現しなかったものもあります。

    また、6月にIFLのスタッフであるニール・ドナラン氏が来日され、糖尿病患者さんを中心に旅行や国際交流などを行っている「エンジョイツアークラブ」14周年記念パーティーにおいて、「途上国の糖尿病事情とIFLの活動」と題し、講演を行いました。詳細については以下のサイトをご覧ください。
    このパーティーにおいてチャリティーを実施し、集まった費用(48,000円)をIFLへ寄付しました。

    森田繰織 連載「わが友、糖尿病:ニール・ドナランさん来日」(森田繰織)
    http://153.122.1.181/sally/2008/08/post_16.html

    *IFLの活動につきましては、IFLアニュアルレポート2008をご覧ください。
    http://www.insulinforlife.org/annual2008.html

    支援金合計:35万4,500円(送金手数料を含む)
    送金回数:2回

  2. ドリームトラスト 所在地:インド
     ドリームトラストへの支援は、国際糖尿病支援基金からの包括的な支援と、特定の糖尿病の患者さんを継続的に支援するスポンサー制度の2つの方法で支援を行いました。スポンサー制度には現在11人のスポンサーの方に御協力いただいており、11名の1型糖尿病患者さんが継続して支援を受けております。
    支援者については以下のサイトを御参照ください。

    「国際糖尿病支援基金」が支援をしている1型糖尿病の患者さん
    http://153.122.1.181/idaf_info/cat1193/

    また、森田会長が2007年12月から2008年1月にかけて、ドリームトラストを訪問し、当基金を通じて支援していただいている患者さんとその家族に会ってきました。
    詳しくは森田会長の連載「わが友、糖尿病」をご覧下さい。

    森田繰織 連載「わが友、糖尿病:インドの旅(1〜7)」(森田繰織)
    http://153.122.1.181/sally/2008/02/2007india01.html

    支援金合計:45万2,341円(送金手数料を含む)
    送金回数:3回
◎この1年の収支
収入(寄付金合計):62万4,000円
支出(支援金+送金手数料):80万6,841円
現有基金:15万2,445円(2008年12月31日現在)

*基金の現状、活動状況およびIFL、ドリームトラストなどの詳細については、基金のホームページをご参照いただきますようお願い申し上げます。
http://153.122.1.181/idaf/index.html
国際糖尿病支援基金 事務局
2009年01月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病