糖をはかる日
ご自分の血糖値、
知っていますか?
普段から、血糖値の高い状態が続いていないか確認しておくことが、糖尿病の発症や重症化予防には重要です。ここでは、血糖測定に関する豆知識をご紹介します
防ごう、備えよう!
低血糖
糖尿病は血糖値が下がるよう治療しますが、血糖値は下がりすぎても体に悪影響を与えます。ここでは、低血糖について再確認しておきたい点をご紹介します
血糖値アップ・ダウン
作品投稿コンテスト
血糖値にまつわる作品募集コンテストのご紹介です。
お役立ちツール
ダウンロード

無料で使える「糖をはかる日」のツールです。職場の啓発活動や患者さんの指導にご活用ください。

10月8日は、糖をはかる日

「糖をはかる日」について

糖尿病治療研究会代表幹事 池田義雄
糖尿病治療研究会代表幹事
池田 義雄

 「糖をはかる日」ホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。

 糖尿病治療研究会(代表幹事:池田義雄)は、このたび「10月8日を『糖をはかる日』」と定め、広く啓発活動を行うことになりました。

 当研究会は、研究会が設立された35年前から、糖尿病治療に関する研究活動を行って参りました。この間、医療は大きく進歩し、国民の健康に対する意識やその知識も向上しているものの、糖尿病をはじめとする生活習慣病を有する国民は増え続けているのが現状です。

 一方で、近年、「糖」に関する感心が高まり、特定保健用食品(トクホ)の普及、糖質ゼロやオフといった市販食品の増加、低糖質ダイエットがブームになるなど、一般生活者が「糖」と向き合う機会は格段に増えています。しかし、実際はその真意を知らず無意識に活用している生活者も多く、あるいは「糖」を単純に排除すれば健康になれるなどの誤った知識を持つ人が増えていることも危惧されます。

 そこで、当研究会では、体重や血圧、体温などが健康管理のバロメーターとして知られているように、「糖」に対する正しい認知を広め、「糖」をはかり、コントロールする意義を定着させる必要があるとして、当記念日を制定いたしました。そもそも、「糖」とは何か?摂り過ぎることで何が起こるのか、そして上手に付き合うにはどうしたらよいのか。このようなテーマは、私たち糖尿病医療に携わる医療従事者が最もよく理解しているところですので、先ずは当研究会がその役割の一端を担いたいと考えております。

 今年は、血糖自己測定(SMBG)が提言されてから40年、またその健康保険適用から30年という節目にあたります。この記念すべき年にスタートする10月8日の「糖をはかる日」が、年に一度、国民全体で「糖」のことを意識する日となり、特に糖尿病患者さんや予備群の方には、血糖コントロールの重要性を再確認するきっかけとなるよう、行政、自治体、関連団体、医療機関、企業、メディアなどと連携しながら活動を広めて参りたく存じます。

2016年9月

「糖をはかる日」について(2017年7月) ▶

10月8日は、糖をはかる日—血糖を知る、はかる、コントロールする。—
後援団体 ※順不同
協賛企業 ※五十音順、2019年10月8日現在
  • アボット ジャパン株式会社
  • Eatreat株式会社
  • 江崎グリコ株式会社
  • サニーヘルス株式会社
  • 株式会社三和化学研究所
  • LifeScan Japan株式会社
  • 積水メディカル株式会社
  • 大正製薬株式会社
  • テルモ株式会社
  • 株式会社ニチレイフーズ
  • ニプロ株式会社
  • 株式会社フォラケア・ジャパン
  • 株式会社マザーレンカ
  • 株式会社モンテール
  • リボン食品株式会社
  • MPラーニング
協賛・協力メディア ※順不同
このページの
TOPへ ▲
TOPページへ ▶