血糖トレンドの情報ファイル
血糖トレンドの情報ファイル
グラフで見る
血糖トレンド クイズ
インスリン治療中の方向け
応用 編
下記の設問に対して、血糖値はどのように変化するか、正しいと思うものを選んでください。「答えと解説」では、グラフで血糖値の動きを解説します。
監修:西村 理明 先生(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科)
監修:西村 理明 先生(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科)
第19問就寝前に持効型、各食前に速効型といったように1日4回インスリン注射をしている人が、昼食前に血糖値を確認したところ、低血糖(50mg/dL程度)でした。この低血糖に影響していると考えられるものは、以下のうちどれでしょう?
  • A 朝食が少なかった
  • B 朝食前の速効型インスリン
  • C 就寝前の持効型インスリン
▼ 「答えと解説」を見る
答えA〜C すべて

就寝前に作用の持続時間が長い持効型や中間型インスリンにより「基礎分泌」に相当するインスリンを、各食前の超速効型や速効型インスリンにより「追加分泌」に相当するインスリンを注射することで、インスリンの変動を健康な人の血中での様子にできるだけ近づける方法を「強化インスリン療法」と言います。この療法により、弱っている膵臓のインスリン分泌機能を休ませたり、膵臓の機能がさらに低下するのを防ぐことなどが期待できます。

設問の例では、“注射しているインスリンのうち、どのインスリンが低血糖を引き起こしたか”を考える必要があります。昼食前の血糖値に影響しているのは、基本的には朝食前の速効型インスリンと考えられますが、就寝前の持効型インスリンの影響も頭に入れておく必要があります。

強化インスリン療法でのインスリンの効果のイメージ
© 糖尿病ネットワーク メニュー
このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶
血糖トレンドの情報ファイル メニュー