国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

「Spare a Rose」とは

08.jpg

 https://beyondtype1.org/the-diabetes-online-community-doc/ DOC)では、毎年2月に「Spare a Rose、Save a Child」キャンペーンを行っており、主に途上国の経済的に恵まれない1型糖尿病の子供たちにインスリンや糖尿病療養に必要な物資を提供するための資金集めを行っています。

 一部の欧州諸国では、バレンタインデーに大切な人へ花を贈る習慣がありますが、「Spare a Rose」は、愛する人に贈るバラを節約して「Spare a Rose」へ寄付を。-とのコンセプトのもと募金活動を行っています。
「Spare a Rose」へ寄せられた寄付金は、IFLやLife for a Childなどの支援団体に送られ、支援活動に活用されます。



02.jpg

 この度ウクライナの糖尿病患者さんを支援するために、2022年3月より「Spare a Rose for Ukraine」のキャンペーンを開始し、募金を受け付けております。「Spare a Rose for Ukraine」のシンボルマークには、ウクライナの国旗の色が使われています。

 「Spare a Rose for Ukraine」に寄せられたすべての寄付は、20年以上、途上国の糖尿病患者さんを支援し緊急事態にも対応してきた経験を持つIFLにより、ウクライナ内外の糖尿病患者さんへインスリンなどの物資を支援するために活用されます。
 IFLはヨーロッパをはじめ、グローバルに活動を展開しております、ウクライナの近隣諸国にも支部があるため、必要に応じてすぐに物資を届けることができます。
また、「Spare a Rose for Ukraine」の活動は「国際糖尿病連合(IDF)ヨーロッパ」にも承認されています。



2022年03月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,835万9,434円 
  • これまでに実行した支援金
    1,789万5,839円 

(2022年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病