国際糖尿病支援基金を通じて支援している糖尿病患者さん

戻る
■2005年5月
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じて新たに下島晃様にご支援いただくAparna Palちゃん(1型糖尿病患者)の写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる下島晃様
ご支援をいただくAparna Palちゃんについての詳しい情報と写真をお届けします。今後の経過についても引き続けてご連絡いたします。よろしくご支援をお願い致します。

スポンサー:下島 晃
支援する患者さん
  名前:Aparna Palちゃん
  ナグプール(インド)在住
  生年月日:1996年8月11日(2005年現在8歳)
  発症時期:2004年12月 1型糖尿病
  身長:124cm 体重:23kg

ご両親と1つ年下の妹の四人家族です。妹さんはKindergartenで勉強しています。お父さんは鉄道員、お母さんは家政婦をしています。お父さんが一家の担い手で、一家の月収は約120ドル(1万2600円:1ドル=105円)です。

Aparnaちゃんは今年の6月に4年生に進級します。昨年の12月に1型糖尿病と診断され、今年の1月に私たちの診療所を訪れ、インスリン混合製剤を1日に2回注射する治療をはじめました。1日3回打ちに変えてから、血糖コントロールは改善しています。
Dream Trust理事長 Dr.Sharad Pendsey

Dear Mr.Akira Shimojima,
Here are the details of the child who will be sponsored from the funds provided by you. We will keep you informed of her progress.

Family background:
1 younger sister studying in Kindergarten. Father is a labor class worker with the railways; mother is a housewife. Monthly family income: USD 120 approximately. Earning members: Father.

Aparna has appeared for class 3 final examinations and from June 2005 she will start class 4 student; was detected to have type 1 DM in December 2004. She was been on 2 injections of premixed insulin, when she came to us in January 2005. She has been switched on to 3 injection of insulin and is doing very well.


戻る

このページへのお問い合わせ/ご意見はdm-net@ba2.so-net.ne.jp までお寄せください。
(c) 2002 Soshinsha