国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

2013年ドリームトラスト(インド)からのレポート(1)

 インドで糖尿病患者さんを支援するドリームトラスト(代表 シャラッド・ペンデセイ医師)より、「ペンデセイ・トラスト」の設立についてのレポートが届きましたので、ご紹介します。

 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、ドリームトラストを支援しています。



 2011年7月にイギリス人女性ジャーナリスト、ルーシー・レイコックさんがドリームトラストを訪問し、インドの糖尿病患者さんについて取材を行いました。

レイコックさんの取材の様子については、以下の記事をご参照ください。
■ルーシー・レイコックさんのブログ「夢に向かう医師」(一部翻訳)
http://www.dm-net.co.jp/idaf/2011/015961.php

 この度、レイコックさんがイギリス国内において「ペンデセイ・トラスト」を設立し、2013年5月14日にチャリティーを兼ねた設立記念パーティーが開かれました。
「ペンデセイ・トラスト」は、ドリームトラストの患者さんを支援することを目的として設立され、会の名称は、ドリームトラストの代表者である、シャラッド・ペンデセイ医師の名前が付けられました。

 設立記念パーティでは、グループ対抗のクイズや抽選会などが行われ、1,129イギリスポンド(約17万円)の支援金が集まりました。このうち、会場費など経費を差し引いた1,000イギリスポンド(約15万円)がドリームトラストへ寄付されることになります。







 国際糖尿病支援基金は、この活動に賛同し、ドリームトラストの活動を支援しています。ドリームトラストのスポンサーシップにご協力を頂きますようお願い致します。

ドリームトラスト(インド)活動のねらいと目的
http://www.dm-net.co.jp/idaf/2005/002098.php
国際糖尿病支援基金が支援するドリームトラストの糖尿病患者さん
http://www.dm-net.co.jp/idaf/sponsoring.php

ドリームトラストのスポンサーシップ

1口:30,000円(糖尿病の子供1人、1年分の医療費として)

※大幅な為替の変動があった場合は、1口の金額を変更することがあります。

  • 1口で、1型糖尿病患者さんのスポンサーになり、インスリンや医療費1年分をまかなうことになります。
  • 毎年1回、スポンサーになった子供の写真と治療状況などをお届けするとともに、ホームページ上でご紹介します。

 ドリームトラストのスポンサーシップにご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄に掲載を希望するお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口
※通信欄へ「ドリームトラストのスポンサーシップ支援」とお書き頂きますようお願い致します。
2013年06月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病