国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

2013年ドリームトラスト「国際糖尿病デー」のイベントについて

 ドリームトラストは、2013年12月21日にナグプールのトゥリホテルにて、「国際糖尿病デー」のイベントを行いました。
ドリームトラストの代表者であるシャラッド・ペンデセイ医師が、まずスピーチをし、続いてサンケット・ペンデセイ医師が、この一年の活動を振り返りました。

 小児心理士であるアヌパマ・ガドゥカリ女史から子供たちに1型糖尿病と上手く付き合うためについて話しをしました。
この8年間、ドリームトラストの友として支援を頂いている、マルチナ医師がオーストリアのウィーンから参加し、ドリームトラストの印象について話しました。

 ピューンにあるチェララム病院の糖尿病科のチーフであるウンニ・クリシュナン医師が話をし、大切なメッセージを参加者に伝えました。トゥリプティ・ククデ女史が感謝を示す投票を提案し、ラシカ・ニスタネ女史とシーマ・チャークホレ女史が進行役を務めました。

 イベントには300人を超える人々が参加し、その多くは糖尿病の子供達と、その親たちです。ドリームトラストの運営委員のメンバーである、プラカシュ・ディクシット氏、ヴィジェイ・シュリカンデ医師、プラシャント・アグニホトリ医師、アジェイ・スード医師、アニタ・スード医師、ジェイヤント・ペンデセイ相談役、ニシカント・コトワル医師、ムルマイ・コトワル女史も参加しました。



2014年03月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,635万3,830円 
  • これまでに実行した支援金
    1,548万6,634円 

(2020年09月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病