国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病ネットワーク »  国際糖尿病支援基金 »  国際糖尿病支援基金 設立10周年おめでとうございます。(Insulin for Life)

国際糖尿病支援基金 設立10周年おめでとうございます。(Insulin for Life)
 オーストラリアで糖尿病患者さんを支援するインスリン・フォー・ライフ(IFL)のRon Raab代表より、国際糖尿病支援基金設立10周年に対するお祝いのコメントが届いていますので、ご紹介します。




国際糖尿病支援基金 設立10周年おめでとうございます。

インスリン・フォー・ライフ(IFL)
(オーストラリア)

ロン・ラーブ代表(写真:左)
 IFLスタッフのニール・ドナラン氏と森田会長とともに(2010年来日時に撮影)




  インスリン・フォー・ライフ(IFL)オーストラリア本部、及びIFL世界各支部より、国際糖尿病支援基金が設立10周年を迎えましたことをお祝い申し上げます。この間、IFLの活動を支えて頂いたことにより、多くの糖尿病患者さんが救われてきました。

  この10年間、貴基金から援助された支援金を運送費用等に充てることにより、IFLではインスリン等の物資を様々な国へ緊急輸送を行ってきました。
  最近では、エクアドルのFundacion vivir con Diabetes(FUVIDA)が糖尿病のキャンプを行う際に貴基金からの支援により、インスリン等の物資を提供することが可能となりました。
この糖尿病キャンプでは、経済的に恵まれない家庭の糖尿病の子供たちやその家族が参加し、糖尿病についての正しい知識と治療の重要性を学びます。参加した子供たちは同じ病気の仲間をつくり、糖尿病療養に必要とする支援を受けることができます。
IFLは、貴基金の発足時にインドの恵まれない糖尿病の子供たちを支援するドリームトラストを紹介しました。

    貴基金の森田会長をはじめとしたスタッフの方々には、実際にIFLより支援を受けている国々へ行き、糖尿病キャンプや患者支援活動に参加しました。また、貴基金からの支援は、エクアドル、カンボジア、ケニア、ハイチ、ウズベキスタン、ベトナム、2006年に発生したインド洋津波で被災した南アジアの国々で役立てることが出来ました。

  特に、事務局長である株式会社創新社代表取締役 三角健二氏には大変感謝しております。三角氏には貴基金とIFLとの共同活動を支えていただき、また、非常に影響力のある御社のサイト糖尿病ネットワークへ、我々の活動内容を紹介していただいたことを重ねて感謝いたします。御社のような成功を収めている組織に支えられた世界中の人々の命を救う国際的な活動は、将来も有望であることが確実です。

  IFLと貴基金は、2010年に韓国・釜山で開催された「IDF西太平洋地区会議」において、共同でプロモーション活動を行いました。2012年に京都で開かれる同会議においても共同プロモーション活動を検討しております。これらの活動が、世界中の糖尿病患者さんを救う素晴らしいものになることを確信します。

 IFLはここ数年、国際的な賞の表彰を受けてきました。

  IFLは、オーストラリア糖尿病協会、国際糖尿病連合(IDF)とも連携し、ロシェ、ノボ ノルディスク ファーマ、イーライリリー、サノフィ・アべンティス、メドトロニック などの企業各社からも支援も受けています。

  IFLは、途上国の糖尿病患者さんのために、国際的人道支援組織の第一人者的な立場であることと認識しています。これらの連携を通じ、貴基金は世界中で糖尿病患者を救うためにIFLとともに、国際的に活動していることを認識されているはずです。

  これまでの共同活動が成功を収めてきたように、今後も変わらず貴基金との連携を続けて行きたいと思っています。 



IFL本部 IFL Australia:http://www.insulinforlife.org/
IFL支部
IFL USA:www.insulinforlifeusa.org
IZL Austria:www.diabetesberater.at
IFL Canada:www.insulinforlifecanada.org
IZL Germany:www.insulin-zum-leben.de
IFL Netherlands:insulinforlife.nl@gmail.com
IFL UK:www.iddtinternational.org


【English】
Congratulations on the 10th Anniversary to International Diabetes Aid Fund Japan


The Board of Insulin for Life Australia and Global (IFL) congratulates the International Diabetes Assistance Fund (IDAF) Japan for its 10th Anniversary of support for the activities of IFL Australia and Global. Through this support many lives are being saved.

Over the last 10 years the IDAF Japan has assisted IFL with funding to support the transport and handling costs for us to send emergency supplies to several countries. IDAF Japan supports us to send ongoing supplies for young people with type 1 diabetes in Ecuador and for diabetes camps for children in Ecuador so that the families and children from very poor backgrounds are able to attend and receive education, motivation, friendship and ongoing support. IFL also introduced the IDAF Japan to the “Dream Trust” India which supports many very poor children in India who need insulin.

Sally Morita and Kazuko Toya Kusano of IDAF Japan have visited some of the recipient countries that have received supplies from IFL and have also taken part in some of the camps and other education activities.

IDAF Japan has assisted our activities in Ecuador, Cambodia, Kenya, Haiti, Uzbekistan, Vietnam and South East Asia, following the Tsunami in 2006.

We would like to thank Mr Kenji Mikado, President of SOSHINSHA Company for his support and encouragement for our collaboration and for giving so much prominence to our activities on his company’s website. It is very promising to see such a successful organization as that headed by Mr Mikado also supporting international activities that are saving lives around the world.

IFL also collaborated with the IDAF Japan at the IDF Western Pacific Region Congress in Busan, Korea in 2010 and we are planning to collaborate, for example with information displays, at the IDF Western Pacific Region Congress in Kyoto in 2012. This should be a wonderful opportunity to show how IFL and IDAF Japan are saving lives of people with diabetes around the world

Insulin for Life has been honored with international awards in recent years, including The International Diabetes Federation Award 2009 - “In Recognition of Outstanding Service to Diabetes”; The American Diabetes Association - Harold Rifkin Award for Distinguished International Service; The Lilly Partnership in Diabetes Global and Australian Awards; The Sir Philip Sherlock Distinguished Award and the Novo Nordisk Hagedorn Medal for Humanitarian Medical Assistance. IFL collaborates actively with Diabetes Australia and the International Diabetes Federation, and works has the support of a number of pharmaceutical companies including as Roche, Novo Nordisk, Eli Lilly, Sanofi- Aventis and Medtronic.

IFL is recognised as a leading international humanitarian assistance organisation for diabetes. Through these connections IDAF Japan is receiving the recognition it deserves internationally for the support it gives Insulin for Life Australia to save lives around the world.

It is a very successful collaboration and we look forward to continuing to work together.


Ron Raab
President
Past Vice-President (2000-2006), International Diabetes Federation


IFL Australia:http://www.insulinforlife.org/
Affiliates:
IFL USA:www.insulinforlifeusa.org
IZL Austria:www.diabetesberater.at
IFL Canada:www.insulinforlifecanada.org
IZL Germany:www.insulin-zum-leben.de
IFL Netherlands:insulinforlife.nl@gmail.com
IFL UK:www.iddtinternational.org

2011年09月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    791万4,534円 
  • これまでに実行した支援金
    734万657円 
国際糖尿病支援基金とは
English
最近の情報
国際糖尿病支援基金の活動
国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病