わが友、糖尿病 トップページへ メールマガジン無料登録

ガーナへの旅 1

2004年09月
 今年の7月にガーナとエチオピアを旅行してきました。今回はガーナへの旅のレポートをご紹介します。

■ ガーナ共和国
人口:約2000万人(2003年世界人口白書)
首都:アクラ
主要産業は農業(カカオ豆)、鉱業(貴金属、非鉄金属)。西アフリカ諸国内で有数の漁業国でもあります。17世紀から19世紀後に繁栄したアシャンテ王国の伝統が色濃く残っています。国民1人当たり平均所得は290ドル。公用語は英語。
 今回の旅行の目的のひとつは、糖尿病医療施設を訪れて、医療従事者や患者さんに話を聞くことです。ガーナでは、糖尿病専門医のビーチャム先生を訪ねました。事前にIFLのロン・ラーブ氏に連絡をとり紹介してもらいました。

 ビーチャム先生が勤めているコレブ医科大学付属病院では、有名な野口英世博士の研究室が保存されています。野口博士は黄熱病の研究をしていて、ガーナのアクラで亡くなりました。野口博士についてのさまざまな資料の展示を見て、それからビーチャム先生の部屋を訪ねました。

 ガーナでも糖尿病は深刻な問題になっています。糖尿病患者数は約60万人、2型糖尿病の有病率は6.4%、IGT(耐糖能異常)は11.0%と推定されます。コレブ医科大学付属病院では4000〜5000人の患者さんを診ています。

 ビーチャム先生は、糖尿病について次の5つの点が深刻だと話しました。
  1. 医療費の問題
  2. 戦略が必要なこと
  3. 1型・2型糖尿病それぞれについて詳しいデータがないこと
  4. 糖尿病について正しい知識を広める機会が少ないこと
  5. 足のケアについての専門家がいないこと
 医療費の多くがマラリア、エイズ、結核などの感染症のために必要となるため、糖尿病などの慢性疾患のために十分に使うことができないないこと。輸入された薬剤や医療資材は関税が課されるため、動物由来のインスリンは1バイアル9ドル、ヒトインスリンは15〜20ドル、針は1本10セントと大変に高価であること。国民の80%は、1日1ドル以下の収入(つまり単純計算で月収30ドル未満)なので、食費など最低必要なものへの出費を取り除くと、生命を維持するための医療費を捻出するのが難しいこと。さらに、国民の多くが糖尿病について正しい知識をもっておらず、検診の機会も多くはなく、民間療法に逃避した結果、病状をますます悪くさせてしまう患者さんも多くいることなどを、ビーチャム先生に教えてもらいました。

 コレブ医科大学内の糖尿病外来の待合所写真で、患者さん何人かにインタビューをすることができました。

  • 男性、51歳。クッキー工場に勤務。治療歴2年、1カ月の医療費は41ドル、糖尿病性網膜症があります。
  • 男性、72歳、印刷会社に勤務し退職しました。治療歴13年、糖尿病性網膜症があります。
  • 男性、52歳、工場に勤務。治療歴2年、1カ月の医療費は41〜55ドル。
  • 女性、56歳、主婦。治療歴5年、6カ月の医療費は137ドル。神経障害があり、手足を自由に動かせません。インスリン療法を勧められていますが、医療費を払うことができず断念しています。
  • 女性、52歳、主婦。治療歴5年、1カ月の医療費は13ドル。神経障害があり、足に血流不全がおきています。インスリン療法を勧められています。
 これらの患者さんの全てが、糖尿病の症状が出ていたにもかかわらず、糖尿病についての知識が不足していたため、その時点では治療を受けず、合併症が出てはじめて受診し、糖尿病と診断され治療をはじめたという状態です。しかし、インスリン療法を勧められているにもかかわらず、経済的余裕がなく、それが叶わない状態なのです。

 病院の待合室で、糖尿病について患者さん向けに解説したパンフレット(小冊子)やポスターを一切見ることがありませんでした。ポスターは製薬会社のものが2枚貼ってあっただけです。先進国では、印刷物によって患者さんがご自分の病気や合併症の予防などについて知識を得ることは一般的ですが、それはこの国の患者さんには望めないことです。

 そのことが医療スタッフにとっても、糖尿病についての正しい知識を広め、患者さんと情報を共有することを妨げる障害になっています。この病院はガーナではスタッフや設備がよく整備されている方です。それでも糖尿病の治療の基本となる食事療法についてすら、医療スタッフはとても苦労して患者さんに教えています。

 以下は、IFL(オーストラリア)のロン・ラーブ氏を通じてIDF(国際糖尿病連合)に提出した今回のガーナ旅行のレポートです。

Ghana

  I visited Korle-Bu Hospital in Accra, Ghana. Incidentally, it has the Dr.Hideyo Noguchi's memorial and his institute was left. He is famous for research of yellow fever and died there infected by yellow fever.

  I saw Dr.Kwamena Attome Beecham and his secretary Mr.Gustar.O.Quarceome. According to Dr.Beecham, there are five big problems about diabetes care in Ghana.
1. Cost.
2. Diabetes devices
3. No detail data, especially type1 and type2 respectively
4. Lack of education and knowledge
5. No foot care expert

  As for cost, public insurance doesn't cover chronic disease like diabetes, but covers acute or infectious disease like malaria, AIDS, tuberculosis, etc. Insulin cost there is animal insulin 1 vial for $9, humalin insulin 1 vial for $15-20,1 needle for 10cents. Because all of them are imported they have to pay imported tax. It is said that some 80% of the total population have to spend less than 1 dollar a day for their lives.

  As for data, it must be assumed from the one they have now. It is said the prevalence of T2 is 6.4% and that of IGT is 11.0%. Some 4000-5000 are registered as diabetics. Dr.Beecham consults about 40-50 per day, five days a week. 5-6 are newly diagnosed a day.

  Due to the lack of education and knowledge for both providers and consumers, they cannot deny missing the chance of new diagnosis. A lot of people have the tendency to rely on the alternative medicine.

  I talked with some diabetics who were waiting at waiting room for outpatients in Korle-Bu Hospital.

  Patient A: age51, man, 2years since diagnosed, about $41 a month for care, having eye-problem, used to work for factory producing cookies (now no job)

  Patient B: age72, man, 13years since diagnosed, having eye-problem, used to work for printing company (now retired)

  Patient C: age52, man,2 years since diagnosed, about $41-55 per two month for care, having eye-problem, a factory worker(coming here with sick leave)

  Patient D: age 56, woman,5years since diagnosed, about$137 per 6 month for care, having nerve system damage on feet and hands so cannot move toes and fingers smoothly, house wife, though insulin is recommended she cannot afford to buy it.

  Patient E: age 52, woman, 5years since diagnosed, about $13 per month for care, having nerve system damage on feet, house wife, cannot take minimum care because of financial problem, insulin is recommended though.

  All of them said that they hadn't had any knowledge about diabetes until they had serious symptoms caused by complexes.

  I wasn't able to see any brochures,booklets,pamphlets,let alone books. It must be very difficult to take information through letters, which is very common for people in indutrialized countries to learn through letters besides through medical and co-medical staffs. For example, diet. It is very hard to memorize how much calorie each food ingredient share the good recipie!
©2004 森田繰織
©2003-2019 森田繰織 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。