東京都糖尿病協会

トップ - イベント情報 - 中央ブロック
終了しました
開催のご案内
第20回中央ブロック糖尿病教室
日本糖尿病協会東京都支部(東京都糖尿病協会)公開講座
参加無料 (どなたでも参加できます)
世界一の長寿国となった日本に「長寿食のヒント」は有るのか、否か一緒に考えてみましょう。
糖尿病の内服薬が発売されてから50年以上経ちました。近年、多彩な内服薬が使われるようになっております。現在の状態も勉強しましょう。
軽症糖尿病でも軽視できないという結果がでており、より厳しい調節が求められております。
その指標として食後2時間尿糖、2時間血糖の重要性を説明します。
日 時
2011年4月23日(土)
  会場 午後13:30
  講演 午後13:30〜15:30
場 所
東京逓信病院 管理棟 7階講堂
東京都千代田区富士見2-14-23
JR飯田橋駅西口徒歩約5分
内 容
敬称略
協会長挨拶
菅原正弘
東京都糖尿病協会会長(日本糖尿病協会東京都支部長) 菅原医院院長

司会・当番世話人
渥美 久(小石川東京病院 内科)

1. 高齢者の食事 (13:40〜13:55)
金田朋子(小石川東京病院 管理栄養士)

2. 長寿食 (13:55〜14:25)
山崎美智代・小池真紀子・宮崎典江(小石川東京病院 管理栄養士)

3. 糖尿病の内服薬について (14:25〜14:40)
仲村裕子(小石川東京病院 薬剤部長)

〜休憩〜 (14:40〜15:00)

4. 食後2時間尿糖、血糖の重要性 (15:00〜15:15)
渥美 久(小石川東京病院 内科)

5. ビグアナイド薬について (15:15〜15:30)
塩野入太(小石川東京病院 内科)

〜閉会〜

〈進行時間は目安です。会場内での飲食ばできません〉

展示、体験コーナー
午後1:30より血糖自己測定の体験、「さかえ」の展示

運営委員(順不同)
三楽病院 田上 幹樹
東京慈恵会医科大学 横田 太持
小石川東京病院 渥美 久
東京医科歯科大学 内村 功
東京逓信病院 宮崎 滋
聖路加国際病院 真山 享
虎の門病院 森 保道
朝日生命成人病研究所附属丸の内病院 吉田 洋子
駿河台日本大学病院 岡本 真由美
北里研究所病院糖尿病センター 山田 悟
共 催
日本糖尿病協会東京都支部(東京都糖尿病協会)
中央ブロック糖尿病教室運営委員会
アストラゼネカ(株)
(株)三和化学研究所
後 援
東京都医師会
千代田区医師会
神田医師会
小石川医師会
中央区医師会
東京都糖尿病対策推進会議

2011年04月更新

トップページへ

開催のご案内
各地で糖尿病教室や市民セミナーなどが開催されます。
参加は無料で、どなたでもご参加いただけます。
どうぞ皆様お誘いあわせの上ご参加ください。 入場無料 申込不要 どなたでも参加できます
[日時]2020年2月2日(日)
[場所]よみうりホール(千代田区)
[主な内容]
「がんにならないために」
「がんになったら糖尿病の治療はどうしたらいいの?」
「甘く見ちゃだめ、脂肪肝」
「糖尿病の薬や食事とがんの関係は?」

詳細へ

入場無料 申込不要 どなたでも参加できます
[日時]2020年2月8日(土)
[場所]日本赤十字医療センター(渋谷区)
[主な内容]
「これから先を見据えて今を生きる 最新の情報と日常生活で取り入れられること」
「足のトラブル予防 歩くための知って得する 履物の選び方」

詳細へ


  東京都の「登録医・療養指導医」と「歯科医師登録医」の検索ができます。
日本糖尿病協会
登録医・療養指導医
歯科医師登録医
(社)日本糖尿病協会
神奈川県糖尿病協会
東京都糖尿病対策推進会議
社団法人東京都医師会
糖尿病ネットワーク
このページを更新したときに糖尿病ネットワークのメールマガジンでお知らせしています。