一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会

第36回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会開催のご挨拶

 第36回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会は、ホームページ上の「開催形式変更に関するお知らせ」でお示ししたとおり、オンデマンド配信形式の開催となることが決定いたしました。 本学術集会は、京都市のメルパルク京都で第6回国際糖尿病・妊娠学会(The International Association of the Diabetes and Pregnancy Study Groups: IADPSG)との合同開催の予定でしたが、このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大により、IADPSGをface to faceで開催することは断念せざるを得ないため、IADPSG理事会で何度も協議を重ねた結果、5月20日のIADPSG理事会において、IADPSG 2020をWeb配信型開催とすることが決定されました。本結果を受け、その後本学会の常務理事会、理事会において今回の年次学術集会もオンデマンド配信形式で開催することが承認され、決定した次第です。通常の形式で開催できず、本学術集会の会長として極めて残念ではございますが、会員の皆様には何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 さて、今回の学会参加費はWeb開催特別価格となります。奮ってご参加いただきますよう、ご案内いたします。プログラムの内容につきましては、これまで予定しておりましたとおり、本学会が多職種により構成される特徴を意識した教育講演やスポンサードレクチャーに加え、日本専門医機構の専門医共通講習や各領域の単位取得が可能な内容を準備しておりますとともに、COVID-19と糖尿病や妊娠に関するトピックスも取り上げる予定です。また、一般演題も募集いたしますので、ぜひともご登録いただきたく、併せてお知らせいたします。

 プログラムの構成等、急遽、一部変更を余儀なくされましたが、本学術集会が実りあるものとなるよう、尽力いたしますので、会員の皆様にはご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年6月11日

愛媛大学大学院医学系研究科産科婦人科学講座
杉山 隆

2020年06月 更新

© 1985-2021 一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会