メニュー MENU
楽しく運動

戸外に出られない

雨が降ったり、寒かったりするとついつい体を動かすのがおっくうになりがちで、だらだらとテレビをみたり、下手をするとついお酒を飲んでしまうこともあったりしませんか?

糖尿病は体を動かすことがとても大事であることがますますはっきりしてきました。また、体を動かすことは認知症などの発症予防にもとてもいいようです。

寒かったり積雪がひどいときなどでも、家の中で体を動かすことを考えましょう。
 暖房が効いていれば問題ありませんが、もし寒かったら衣類の工夫が効果的です。
  まず足を冷やさないように靴下などをはき、十分な厚着ですが何枚か重ね着をするといいという情報がありました。熱くなったら脱げるというのがポイントです。
 そして汗をかいたときに吸水性があり速乾性の素材の下着というのが優れものです。冬の登山者用というような高価なものでなくても、下着売り場の店員さんに相談すれば合成繊維系のいいものがみつかるのではないでしょうか。

さて、外に出られないことを逆手にとって、家事、お掃除、片付けなどで日頃できないことに取り組んでみてははいかがでしょうか。そのなかでストレッチとか、寝たきりを防ぐスクワットや片脚立ち(開眼)をやってみるようにしましょう。
 他にもネットやテレビ、本などでいろいろなお勧めの体操、運動が花盛りです。勿論自分でやりたい運動や作業があれば何でもいいのです。

心がけて体を動かし体力や運動能力を維持したり高めたりできると、薬などでは得られない最良の治療効果が付いてきます。

(2013年11月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題