メニュー MENU
楽しく運動

変形性膝関節症

膝が痛いという原因としてとても多いのが変形性膝関節症です。特に40代50代以降の女性に多く総数は700万人に達するといわれます。

膝には体重の何倍もの荷重がかかり動かす時間も多いので、加齢による劣化や損傷が起きやすい関節です。関節部を守る骨端の軟骨組織が変成して脆くなったり骨棘(こつきょく)という突起ができたり、半月板などの損傷が起こったりします。

根治するのは難しいのですが、周りの筋肉を鍛える運動などで改善することができます。代表的なものにいすに座って片足ずつ足をまっすぐ前に伸ばし5秒程度静止する。これを穏やかに数回繰り返すという運動があります。
 また、もし太っていれば体重を落としましょう。

お風呂の後などに膝関節をゆっくり動かしたり、周囲をマッサージする、両足さらに全身的な軽いストレッチをするとよいでしょう。

そして、足にあった靴を選び姿勢を良くして丁寧に歩く工夫することで病状の進行を遅らせたり、ある程度痛みを緩和させるなどができます。サポーターや杖が役に立つこともあります。

痛いからといって運動をやめてしまうのはむしろ病状を悪化させてしまいます。痛みが憂鬱で引きこもりがちになり、うつや認知症の発症につながるというようなケースさえあるようです。

痛みがひどい、増強していると感じたら整形外科など専門家に相談することが必要です。かなり病状が進んだ 場合、人工膝関節を入れるなどの手術を行う選択枝もあります。
 ご高齢の方でも条件が合えば手術が可能になりつつありますから、あきらめないでいちど専門医と相談するとよいでしょう。

(2012年12月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題