メニュー MENU
楽しく運動

防寒具をお忘れなく

日本は南北に大きく伸びています。沖縄の人に防寒具の話はしにくのですが、まあ北の方へ旅行されることもあるかもしれませんので付き合ってください。

近年地球温暖化が叫ばれますが、天候が晴れ、雨、風、温度の急変など目まぐるしく変わる激しい気象現象が目立っています。
 戸外で運動やスポーツを楽しむときに、天気予報を聞き忘れて服装を間違えるとか、予報が外れて雨に会ってしまうなど予期せぬこともたまには起きるものです。

これから寒い時期に向かって、冷たい雨に濡れたり冷たい風に吹かれたりすると、突然のように体温を奪われ危険な状態になることがありますから、日頃からの心掛けと準備が必要です。行楽シーズンでも高い山の稜線で軽装のために命を落とすということも起こっています。

心臓や腎臓が弱っている人、高齢で体力がおちている人などは特に注意が必要です。これからの季節は平地の行動であっても、フードのついた薄手の防寒着などを鞄などに忍ばせておくことをお勧めします。小春日和で済んだときは格別に幸せだったのです。

勿論、寒い地方や山登りなど過酷な条件下では更に厳重な防寒対策が必要です。
 さまざまな防寒具、体の熱を逃がさない極地用の肌着、毛布のようにかさばらない保温用フィルムなど、我が国には優秀な防寒用品がたくさんあります。

寒さは暑さと違って、しっかり準備すればかなり快適に過ごせます。防寒に万全の準備をして寒さに負けず、行楽、運動、スポーツなどを存分に楽しんで下さい。

(2012年09月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題