メニュー MENU
楽しく運動

踏みだそう! 糖尿病を止めるために

米国ではこのまま糖尿病が増加すると、2050年には成人3人に1人が糖尿病という事態になるといわれます。それをくい止めようと企画された米国糖尿病協会・学会(ADA)の糖尿病啓発キャンペーンの標語がこのStep Out. Walk to Stop Diabetesです。

糖尿病を管理するためには食事、運動、薬物療法が必要になりますが、ウォーキングがもっとも取り組みやすい運動と位置づけて、全米135都市で数百万人のウォーキング参加を呼びかけています。ボランティア、募金、景品なども組み込まれた華やかな大規模キャンペーンです。

日本でも大規模なキャンペーンこそないものの、「1日1万歩」という標語が広く認知され、これを目標に努力されている方も多いと思います。
 「1日1万歩を最低線にして、それに自分の好きな運動を加えるととても元気になるぞ」というような意見を聞くこともあります。特に男性は少し強い運動を加えるとなお良いという調査結果もあります。

糖尿病とわかっていながら食べるものを減らせずあまり体を動かさない日常生活を繰り返しているとき、誰かに食べ過ぎを指摘されて直すより、そっと自分で軽く散歩をしたり、目的を決めて出かけたりする方が始めやすいのはないでしょうか。でも、もし調子が悪ければ(特に足腰)無理をしないで打ち切ることが大切です。

体に大きな故障がなければ、再度のトライアルではもう少し余計に歩けることが多いはずです。歩きやすいくつ、天候変化を考えた服装なども整えるといいですね。  
 「食事制限、運動をやらなければならない」と考えるのではなく、楽しみながらの生活改善として取り組むのはいかがでしょうか。

(2012年08月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題