メニュー MENU
楽しく運動

自転車に乗って 

自動車は簡単に遠くに行けますが、身体的な運動をあまりともなわないのでドライバーに神経的な疲労が蓄積しやすくい、健康という面ではあまり好ましいとはいえません。
 それに比べウォーキングや自転車はそのまま健康増進に役立つのですから、出かけるときは歩くか自転車にするかまず考えて、それから自動車も考えるようにしたいものです。

自転車はウォーキングに比べ行動範囲が広げられ、時間の節約もできます。体重がサドルやハンドルに分散され膝や腰の負担が減り、移動のエネルギー効率も高くなります。そして、腿や腹部などの総合的な筋肉運動としてとても効果があることも知られています。
 あまりお勧めではありませんが登り坂などで強い負荷をかければ激しい運動にもなります。また、バランス維持や周囲への気配りが必要で、神経の集中も必要な全身的トレーニングでもあります。

このごろは1日100km以上走行できるもの、悪路を走行できるもの、乳児を2人乗せられるもの、曲乗り・バランスを楽しむものなどさまざまな自転車が売られていますから、自分の身体能力や体格、目的に合わせて自転車を選びましょう。

  それにしても今日の車社会での道路走行は危険が多く、自転車に乗っている人だけでなく自動車のドライバーにとっても難しい事態です。
 サイクリングロードを利用するのは楽しいですが、一般道路は交差点での左右の確認を欠かさず、車の動きをチェックしながら神経を集中して走るようにしましょう。

(2012年04月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題