メニュー MENU
楽しく運動

夏の運動と水分補給

海へ山へ、野球、テニスなどなど夏はいい汗をかく機会が多い季節です。

そのようなとき、水分補給をしっかりしておきましょう。水などの飲み物として1日1.5L以上飲むといいようです。スポーツなどを楽しむときは更に水分補給が必要になります。個人差やスポーツの激しさも関係しますが、運動前に250〜500mL飲んでおき、運動中も一時間あたり250〜1,000mLを数回に分けて飲むようにします。

激しい運動を長時間してたくさん汗をかいたときの水分チェックには体重測定がとても役に立ちます。運動後の体重減少を1%程度に抑え、2%(50kgの人で1kg減少)は超えないように注意します。自分がどの位飲んだか量を覚えておき調節していくと、自分の適量の水分補給量がわかってきます。

夏には熱中症で病院に搬送される話題が毎年あります。暑いときに激しい運動をしていると、喉が渇いてから水を飲むのでは間に合わないことがあるので、水分を計画的に補給することが大切です。水分補給にブドウ糖、果糖、蔗糖などを多く使った甘味の強い飲料は好ましくありませんついつられて大量摂取になってしまい、糖尿病のある人は激しく体調を崩すペットボトル症候群になることがあります。一般的には水、茶系飲料、スポーツドリンクを半分程度に薄めたものなどが考えられます。激しいスポーツを長時間行うときには塩分やエネルギー補給も必要になりますが、そのスポーツの熟練者や指導者に相談するようにしましょう。

(2010年06月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題