メニュー MENU
楽しく運動

あなたはどの位歩けますか

健やか生活習慣国民運動(厚生労働省)の標語は「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬」ですが、1に運動のなかでもウオーキング(歩くこと)が最も基本的な全身運動として盛んになりつつあります。歩く距離も人によって、5kmならすぐ歩ける、だいたい20kmなら一度に歩ける、スリーデイマーチの常連で1日50kmとさまざまです。また高齢の方や体に障害のある方にはお手洗いまで自分で歩けるとか、近所のお店まで買い物に行けることにとても価値があります。

自分で移動できることは生活するうえでとても重要で、その状態が維持できたり、少しずつ良くなったりすることで生活の質や活動範囲が大きく変わってきます。

さて、東京では大地震が起こったら歩いて帰宅しましょうといわれますが、実際歩けるでしょうか?航空機テロで崩壊した世界貿易センターで、歩いて降りるのが元々無理だった人も多かったのではないしょうか。

長い人生のなかでは急に思いもかけず長い距離を歩くことがあるかもしれません。できれば日頃から自分の歩ける距離を知っておくことをお勧めします。特に中高年の方は歳とともに身体能力が落ちてくるのを気づかずにいることがあります。ですが、心がけて歩くようにすると身体能\力を回復させるどころかもっと伸ばして行けることも事実です。

どこかの無理のなさそうなウオーキングイベントに参加してみるとか、自分で長い散歩(ウオーキング)をして調べてみるといいでしょう。もし、体の不調(特に膝、腰)を感じたら無理をしないで中止しましょう。力まないで再挑戦をすると歩ける距離は自然に伸びていきます。

あなたはどの位歩けますか

(2010年02月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題