メニュー MENU
楽しく運動

横向きウォーキング

ウォーキングといえば前に進む もの…ですが、内もも、外ももの筋肉を今まで以上に鍛えるために、横向きウォーキングはいかがでしょうか。

このウォーキング方法、やり方はいたって簡単です。背筋を伸ばし気をつけの姿勢で、腰に手を当てます。その状態で、カニのように横向きで歩くだけ。一歩ごとに両足をきちんと揃えるのがポイントです。少し窮屈に感じるかもしれませんが、その方が筋肉の動きをより大きくすることができます。

股関節を意識的に伸ばすように足を動かし、姿勢は崩れていないか、今どの筋肉が動いているのか、といったことに気を配りながら行いましょう。

この運動、しばらく続ければすぐ慣れると思います。そこで慣れてきたら、もう一段階「横向きウォーキング」を進化させてみましょう。横向きに歩くのは同じですが、その際、足を前後に交差させます。腰にひねりが加わるので、ももだけでなく腰周りの筋肉も鍛えることができます。

ただし、普通の道での「横向きウォーキング」は厳禁です。前が見えづらく、他の人の邪魔にもなりかねません。公園などの広いスペースで行ってください。また、一方向だけでは筋肉のバランスが崩れてしまいますので、左右それぞれ同じ歩数だけ行いましょう。

横向きウォーキング

(2009年02月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題