メニュー MENU
楽しく運動

壁たてふせで筋力アップ

運動という言葉から、「頑張る」や「きつい」といったイメージを思い浮かべる人も多いと思います。確かに10代や20代前半に、学生として打ち込む運動にはピッタリなイメージです。でも、「生活習慣に運動を取り入れましょう」というとき、大切なのは毎日続けられること。きつかったり、手間や時間がかかったりする運動は、なかなか続きません。そこで今回は、場所も時間も選ばず、しかも"楽"な運動『壁たてふせ』をご紹介します。

まず、壁に両手をつけ、肘を伸ばして立ちます。そのとき、足は肩幅程度に広げ、壁に付ける両手は肩より少し低い位置に置きましょう。あとは普通の腕立て伏せのように、肘を曲げ伸ばしします。

立った状態なので、手首や肘、肩にかかる体重も少なく、床でやる腕立てふせより力がいりません。また、壁からの立ち位置を変えることで腕にかかる力を調節できます。腕の曲げ方も、横に曲げるのか縦に曲げるのかで使う筋肉が違うので、1日おきに曲げるよう方向を変えてみるなど工夫すれば、バランスよく筋肉を使うことができます。

朝、昼、夜に10回ずつなど、普段の生活の中に取り入れ、慣れてきたら回数を増やしたり腕にかかる力を調節したりして、自分に合ったかたちで毎日続けましょう。

壁たてふせで筋力アップ

(2008年06月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題