メニュー MENU
楽しく運動

ウォーキング

イラスト

 運動不足の人や肥満の人にとって、運動は始めにくいものです。また、急に激しい運動をしてしまうと、それまであまり使っていなかった関節や筋肉を傷めることもあります。ウォーキングは、そのような人でも気軽に始めることができ、糖尿病治療としても効果的な運動です。

 ここで、すぐに始めたいところですが、まずは担当医に相談しましょう。隠れた合併症の有無、運動時の注意点、といったメディカルチェックを受けることが大切です。そして、ウォーキングの際も、下記のポイントに注意してください。

  1. あごを引き、背筋を伸ばす
  2. 肩の力を抜き、腕を大きく振る
  3. 踏み出す足の膝を伸ばし、いつもよりも少し広い歩幅で歩く
  4. 踏み出した足は、かかとから着地させる
  5. 足先をまっすぐにし、両足を平行線上で動かす

 これらのポイントを守り、楽しく歩くことが大切です。また、働いている人など、まとまった時間を作ることが難しい人は、通勤時を利用するなどして、日常生活にウォーキングを取り入れましょう。

 しかし、やりすぎは禁物です。そこで、ウォーキング中の脈拍数に注意しましょう。50歳未満では、1分間に100〜120以内、50歳以上では100以内が目安となります。

(2007年01月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題