メニュー MENU
楽しく運動

ウォーキング前の準備運動

イラスト

 そろそろ散策や山歩きが気持ちのよい季節です。ウオーキング前の準備体操(ウオーム・アップ)は、筋肉、関節、腱などを痛めたり、ケガを防ぐためにも、ぜひ行っておきましょう。準備体操をすると、血液の流れがよくなり、体のいろいろな機能が安静の状態から徐々に運動の状態になっていきます。いきなり運動を始めると、血液の流れがついていけないため血圧が急上昇し、糖尿病の方の場合、動脈硬化や心臓の働きが落ちていることがあるので大変危険です。多くの方が運動療法に歩くことを取り入れていると思いますので、今回は歩く前の脚のストレッチをご紹介します。

  1. 各関節の動きをよくしておくために、まずはひざ、足首の関節をゆっくり大きく回します。次に手首、肩、首などを回します。
  2. 片足を一歩前に出し、筋肉や腱が柔軟になるよう、アキレス腱やひざの後ろ、太ももの辺りを意識しながら伸ばします。腰に手を当てると安定しやすくなります。反対の脚も同様に。次に、上体を前に倒しながら、両手をひざに当て、両足を伸ばします。

 これらの準備運動は5〜10分位が目安です。関節や筋肉が温まったらOKです。ストレッチはゆっくり行い、無理に伸ばさないようにしましょう。

(2006年10月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

楽しく運動

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題