メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病と低血糖 

糖尿病は高血糖(血液中のブドウ糖濃度が高くなる)病気で、糖尿病の治療は血糖を適正な濃度まで引き下げてやることです。
 軽い場合は食事を調整し、適度に運動を増やすことで血糖を下げて治療目標を達成できますが、さらに血糖を下げる糖尿病薬を必要とすることも少なくありません。
 しかし、糖尿病薬のなかには、しっかり効く反面、効き過ぎて低血糖を起こす可能性を持つ薬(インスリンや経口薬)もあります。
 急激に低血糖が起こると意識を失って倒れたり、けいれんを伴うようなこともあるので、とかく糖尿病では低血糖が恐いといわれがちです。
 今回は低血糖について整理します。
インスリン療法だけではない
インスリンが分泌されない1型糖尿病では血糖値は変動しやすいのでインスリン療法での低血糖が話題になりやすいですが、2型糖尿病で使用する経口薬でも低血糖が起こるものがあります。
 SU薬(アマリール、オイグルコンなど)は低血糖に注意が必要です。
 速効性インスリン分泌促進薬(スターシス、グルファストなど)も服用するタイミングに注意が必要です。
 一方、ビグアナイド薬(メトグリコなど)、αグルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスンなど)、チアゾリジン薬(アクトスなど)は単独使用では低血糖は起きにくいとされています。
 また、近年登場したインクレチン系薬のDPP-4阻害薬(ジャヌビア、エクアなど)とGLP-1受容体作動薬(ビクトーザ、バイエッタなど)は血糖値に比例して働き、血糖が低いと働かない性質を持ち、低血糖が起きにくく使いやすいとして普及しつつあります。

この頃は2〜3種の糖尿病薬を組み合わせて使用することが多くなりましたがSU薬、インスリン、速効性インスリン分泌薬が含まれているときには注意が必要です。

ベテランの患者さんにも起こる
1型の罹病歴の長い方でも、複雑な日常のなかで仕事、食事、運動などに合わせてインスリン注射管理を続けるうちに、思いがけず強い低血糖が起こり目が覚めたら病院だったという経験のある方は少なくありません。
 ただ、多くの場合ブドウ糖10〜20gの服用とか、ブドウ糖の点滴を受けるなどでスッと回復するのも特徴です。
 摂取できないときは周囲の人が救急車を呼ぶことになりますが少なくとも数十分の猶予はありますから慌てないでください。血糖値をあげるアドレナリン、グルカゴン、成長ホルモンなどが働き、自然に意識が回復することもあります。

また、救急隊員がブドウ糖を投与できる法律が出来かけていますので、救急の電話担当者も有効なアドバイスをくれるのではないでしょうか。
 ただ、薬の効き目が長く続くSU薬の一部などで、遷延性低血糖という回復に手間取る低血糖が起こることがあり、これは入院治療を要します。特にご高齢の方に注意が必要です。

予兆に気づいたら
発汗、不安、動悸などの予兆に本人か周りの人が気づいたら、少量(1〜2単位)の補食(早く消化吸収してエネルギーに変わる炭水化物とゆっくり消化吸収される脂肪あるいはタンパク質の両方を含む食品、適当なものがなければ手近にあるエネルギーの有りそうな食品)を食べます。

低血糖の症状をはっきり感じるときはブドウ糖10〜20g相当の砂糖、ゼリー飲料、ジュースなどを摂取することでしっかり低血糖を防ぎます。経験のある人はまだ軽そうだと思ったら半量を摂取し10〜15分様子をみて、収まらなかったら残りの半量を摂取するようなこともあるそうです。 インスリンではない経口薬の一部(SU薬など)にはもっと増量が必要になる場合もあります。
 摂取後は血糖値が上がりすぎるなど安定させるのにちょっと時間がかかります。

という訳で体験を生かして、なるべく早めに気づいて補食で回避できるといいですね。ただ個人差もありますし不安定な時期がある人もいます。
 インスリンが少しでも分泌されている主に2型糖尿病の人より、インスリン分泌が無い1型糖尿病の人の方が血糖値は大きく振れやすいということもあります。
 摂食障害が起こり、食事のコントロールの難しさから低血糖が起こりやすいこともあります。
 どうすればいいというような一般的な方法ではなく、それぞれ自分の状態を考えながら工夫することが必要です。

低血糖がたびたび起こるようであれば、必ずかかりつけの先生に相談してください。低血糖を繰り返し、神経障害の自律神経反射低下によって低血糖を感じにくくなる無症候低血糖症になることがあります。

常時携帯する低血糖時用品
低血糖はインスリン療法に限りません。糖尿病薬を飲んでいる場合は低血糖時用のブドウ糖製剤か替わりに使える食品を常に携行するようにしましょう(αグルコシダーゼ阻害薬の場合は必ずブドウ糖です)。
 ブドウ糖製剤は処方薬局で相談するといいでしょう。ご自宅、職場そして車のなかにも置いておくようにします。

  補食用には日持ちのする携行に便利な食品を探してみましょう。クッキーやスティック食品などいろいろあると思います。
   しっかり準備できたら、後は心配しすぎないよう充実した毎日を送ってください。

(2013年12月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題