メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病眼疾患と失明

糖尿病になると全身をめぐる血液の血糖値(グルコースの濃度)が高まり、全身の血管や組織細胞が高血糖状態(過栄養)になり様々な障害が起こってきます。しかし、初期は目立った症状が伴わないので、HbA1c値などの検査値で治療管理をすることが大切です。

今回は失明につながりかねないとして恐れられる糖尿病眼疾患を整理しますが、他の糖尿病合併症も同時進行で進んでいることを忘れないでくださ い。糖尿病合併症の進行を止めたり、遅らせるためには、一にも二にも適切な治療と食事・運動などの自己管理をすることです。

糖尿病網膜症
人生半ばで失明される方の2番目に多い原因疾患が糖尿病網膜症です。実はごく近年まで第1番目の疾患で、多いころは糖尿病網膜症による失明が年間3,000人位と言われました。
 糖尿病網膜症の発症そのものは減っていないと思われますが、レーザー光凝固法という手術の普及で完全失明が防がれるケースが増えました。これは糖尿病治療のなかでも近年の画期的成果の1つといえます。現在では失明の原因疾患第1位の座を緑内障に譲っています。

このレーザー光凝固法の成果を自分に生かすために、糖尿病になったら1年に1回程度眼底検査を受けます。もし、糖尿病合併症が進むようなときは眼底検査の回数を増やします。そして、専門医が判断する適切な時期にレーザー光凝固を行うことが大切です。
 眼底検査を受けていないときは、かかりつけ医に眼科あるいは専門病院を紹介してもらいます。

失明に直結するのが、目に入った映像を神経に伝える信号に換える眼球後部の網膜が剥がれてしまう、糖尿病網膜症による網膜剥離です。
 長期間高血糖に晒されると、はじめに網膜に栄養分を供給する細い血管が詰まったり、こぶができたり、その付近が浮腫になって腫れたりするようになります。
 更に悪化すると出血したり、詰まった血管の代わりに脆い新生血管ができたりします。眼球の内部に引きつれが生じたり、出血したり、液が濁ったりとい うようなことも起こります。そして、恐れられる網膜剥離の危険が高まって行 きます。

レーザー光凝固は網膜をレーザー光で網膜を焼き付けて剥がれないように する手術です。効果の大きい好ましい時期がありますが、やってみる価値の ある時期やケースには巾がありますから、ともかく専門医の判断を仰ぐこと が大切です。

生活情報のほとんどに視覚が関わっていると言っても決して過言ではなく、 生活情報の9割が視覚によるという説もあります。
 失明するとそれまでの生活は一変し、否応なしに聴覚や触覚を中心にして、ゆっくりと行動するシンプルな生活を送ることになります。
 チャンスが残っているのであればあきらめずに手を尽くして失明は避けたいものです。
 糖尿病による失明の場合は糖尿病合併症による触覚の鈍麻など様々な機能低下を伴っていることが多く、生活訓練施設などは限られます。しかし、有ることを覚えておいてください。

高度な眼治療を行う専門病院では、眼球内に生じた様々な異常を修復する硝子体手術が行われるようになりました。
 剥がれかけた網膜を修復できるようなケースもありますが、得られる成果 はケースバイケースです。もし、このような事態になったときには、やはり専門 医の判断や意見にしっかり耳を傾け、冷静に対処されることをお勧めします。

その他の糖尿病眼疾患
眼底の中心部といえる場所に黄斑と呼ばれる視覚感度の高い部分がありますが、高血糖の影響も受けやすく、血管の異常や浮腫などが他の場所より先行する黄斑症が起こることがあります。レーザー光凝固だけでなく薬物による治療も行われます。
 糖尿病があると緑内障の発症も多くなり、白内障も進みやすくなります。

 

(2013年04月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題