メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病治療開始は早いほどいい

hspace="10" 東アジア、東南アジア地域は2 型糖尿病患者が急速に増えていますが、この地域の民族の多くが、もともとのインスリン分泌が少なく減少しやすく、糖尿病になっても必ずしも肥満を伴わないケースも多いなど、糖尿病にヤワな体質を持つことがわかってきました。

そのなかで、日本では増加中の代表的合併症である糖尿病性腎症で悪化して透析を開始する人の数(透析導入者数)が上げ止まったように感じられ、糖尿病の治療を継続する人が増えているという調査結果も見られるようになりました。

日本人は体質的には糖尿病を悪くしやすい身体ですが、伝統的な日本食は世界が認める健康食であること、医療費の自己負担が少ないこと、教育レベルが高く糖尿病への関心と理解も高いことなど、糖尿病を減らせる可能性を秘めていると思います。

わが国には定期的な健康診断の制度があり人間ドックも普及しているので、糖尿病の初期あるいは境界型のうちに本人に知らされるケースがかなりあります。しかし残念なことに、それが治療開始につながらないケースも多いのが現実です。
 糖尿病の持続的高血糖(血液や体液の糖分濃度が高くなる)を放置すると、急ではありませんが確実に神経障害、網膜症、腎症など全身的に危険な障害が起こることがしっかり理解されているとはいい難いのです。

ともかくなるべく早期から適切な糖尿病治療を受けて糖尿病の進展をくい止め、医療スタッフの支援のもとに自分で生活のなかの糖尿病の原因をあぶりだし解決をはかれば、本当の病状の改善とQOLの高い予後を獲得できます。
  たとえば、暴飲暴食の習慣がありこれがいつまでも止められないと糖尿病治療は結局うまくいきません。

しっかり糖尿病を押さえ込む早期糖尿病の治療は、内服薬であり、かつ、低血糖を起こさない薬が優先です。インスリン注射はいずれなんと選択薬剤としての役割が10 番目以降に後退することでしょう。
 日本では長い間、血糖値を下げる効果が強い反面低血糖を起こしやすいSU 薬を、気をつけながら使うことが多かったですが、低血糖が起きにくく使いやすい薬や効き方の違う薬の種類が増え、患者さんの状態を見ながら薬を選べるようになりました。
 とくに食後などの血糖値の高いときだけ血糖値を下げるというインクレチン関連薬は、単独使用なら低血糖を起こしにくく更に普及が進むと考えられます。

なお、これからは、たとえば、DPP-4阻害剤、ビグアナイド、食事療法、運動療法、αグルコシダーゼ阻害剤、グリニド、SGLT-2 阻害剤、SU剤、GPR-40選択的作動薬、膵リパーゼ阻害剤、ピオグリタゾン、GLP-1 受容体作動薬、その後に、インスリン注射療法という順番になるかもしれません。
 そうなると、低血糖を起こさない治療法が優先され、やせる治療法が優先され、インスリン注射をしているのは、よっぽど、他の内服治療が効かなかった場合に限定されるようになるでしょう。それでいながら、インスリン療法では基礎分泌用の一定の効き目がつづく持効型溶解インスリンの進歩が著しいことは進歩です。

2 型糖尿病における、超速効型インスリン、速効型インスリンの頻回療法は、GLP-1 受容体作動薬の持続型が発売されたら、昔は、なんて、大変な苦痛を患者に強いていたのだろうと、反省する医師が増えることでしょう。2 型糖尿病でも、本当にインスリン欠乏症例にしか処方されない治療法になるはずです。
 他にも、iPhoneやスマホを使った自己血糖測定の普及、インスリンポンプや連続血糖測定器の進歩など、使いやすさと選択枝が大きく拡がりを見せています。

医師は本人の生活改善を息ながく支援していくことと、多くなった治療法からその人にあった治療を導きだすことが必要です。
 私は患者さんとともに原則HbA1c6% 以下を目標にするようにしています。

(2012年09月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題