メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

自分の体力を知り目標を持つ

自分の体力を知る
hspace="10" これからの生活を考えて、自分にどの位の体力がありどの位の生活を目指すか目標を定めて、少しずつ運動を重ね能力を高めるようにしたいものです。
 合併症で体調がすぐれなかったり、入院したら体力が急に減ったように感じたときなど、もうできないと簡単にあきらめたりしないで、主治医の先生に気を付けるべきことを聞いて(メディカルチェックを受けて)、少しずつ運動を重ねるようにします。
 人間の身体は使わないと劣化し、繰り返し使うことで能力が維持され少しづつ伸びてきます。自分でトイレにいける、近所で買い物ができる、5km位の散歩は苦にならない、毎年お祭り参加しているなど、どのレベルであっても繰り返していることが大切です。

1日1万歩
健康な人は「少なくとも1日1万歩歩くこと」が勧められますが、糖尿病であっても同じです。
 糖尿病がある程度コントロールできていれば1日1万歩に止まらず、日常生活での掃除、洗濯、炊事、買い物などの家事労働、あるいは散歩、スポーツ、エクササイズ、旅行など積極的にともかく身体を動かすように心掛けましょう。
 運動能力が高まるだけでなくHbA1cの低下など糖尿病のコントロールがよくなることも期待できます。

1型糖尿病のアスリートが教えてくれること
普通糖尿病といわれる2型糖尿病は、遺伝的素因があったり食生活の乱れや環境ストレスから発症し、インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が起こったり、膵臓からのインスリン分泌が徐々に減少する病気で、長期にわたり悪化させてしまうとインスリン分泌が枯渇してしまいます。

 1型は発症すると短期間にインスリン分泌が無くなってしまう別の病気です。インスリン分泌がなく、毎日インスリンを注射しながら健康な人と変わらない生活をしている1型の人が大勢おられますが、なかにはスポーツなどで素晴らしいチャレンジと成果を挙げている人がいます。
 私は、1型でありながら大リーグでピッチャーとして素晴らしい成績を挙げわが国でも活躍された、ガリクソン投手と出会いとても感動して本を執筆しました。わが国でも阪神の岩田投手など少なからず1型で活躍されている方が各方面におられます。
 インスリン分泌の無い1型の方でも積極的に自己管理すれば健康な人と変わらない活躍ができるのです。

 2型にはしばしば遺伝的要素が絡むことが分かってきましたが、治療と自己管理をしっかりすれば悪化をくい止めることができますし、1型の例が教えてくれるように仮にインスリン分泌が枯渇してもインスリン注射で補うことができます。
 2型でも合併症を起こさないように、良い食事と適度な運動を行い適切な糖尿病治療を行うことで、寿命をしっかり全うできるのです。

良い食事管理が要のひとつ
 体力や運動能力は生活の広がりをもたらします、山登りがしたいとか、ゴルフを再開したい、海外に旅行してみたいなど具体的な目標を定め、日々運動能力を高めるのはいかがでしょうか?

 そこで忘れてはいけないのが食事です。糖尿病を悪化させる主因は高血糖で、高血糖は基本的に過食から起こります。
 運動をした後のビール、食事がたくさん食べられるというような勘違いをすれば過食の影響力は極めて大きく、運動の効果はもろくも崩れてしまいます。

(2012年01月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題