メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病による失明

完全失明を減らした網膜光凝固法

糖尿病を悪くすると失明することがあるということはご存じだと思います。近年まで糖尿病網膜症が中途失明の一番多い原因疾患で1年に3千人以上の方が失明されているといわれていましたが、今では網膜光凝固法というレーザーを使う手術の普及で完全失明を免れる方が増え、中途失明原因疾患1番の席を緑内障にゆずっています。

目を写真機にたとえると網膜はフィルムの部分にあたり、とても細かい血管が張り巡らされているところです。糖尿病で血糖値が高い状態が続くと血液の流れが悪くなり、血管に瘤ができたり、さらに症状が進むと詰まった血管の代わりに新生血管という「もろくて壊れやすい血管」ができるようになります。新生血管ができるのをしっかり止められる時期に網膜光凝固法を始めるのがベストです。

網膜光凝固法はレーザー光の照射で、血液の流れが悪くなったところの網膜を焼き、血液の必要量を減らし新生血管の生成をくい止めます。また、このレーザーの照射は、紙を画鋲で壁に貼り付けるように、網膜を後ろの組織に貼り付ける機能を持っています。こうして、糖尿病網膜症による新生血管の増殖を抑え網膜の剥離を防いで、完全失明や重度の視力低下・視野狭窄を回避します。

網膜光凝固法は確実な効果が期待できる手術として実施する医療機関も増えています。

定期的に眼底検査を受けましょう

このごろ糖尿病治療では、眼科の先生に1年に1回位眼底検査をお願いするようになってきました。また、企業健診などで眼底検査されている方も多いと思います。もし、糖尿病なのに眼底検査を受けていない方は、主治医の先生に眼科の先生を紹介してもらうようにしましょう。

そして、もし眼底検査で網膜に異常が見つかったら眼底検査の回数を増やし、進行状態を管理してもらい、悪化が止まらなければ適切な時期に網膜光凝固法の手術を受けます。時期の判断がよければ極端な視力低下や視野狭窄を起こさず失明も回避できます。

もし、もっと状態が進行していたら

眼底の状態も悪化し、これと別に眼球のなかに繊維性の膜ができて網膜をひっぱるようになります。この頃になると眼球内の新生血管が切れて突然出血する硝子体出血が起こるようになります。硝子体出血が起こると視野の中に黒い異物がみえたり、出血が多いときには赤く見えたりする飛蚊症という症状になります。ただ、飛蚊症には、これとは別に、目の老化現象として良性の剥離が起こって黒い異物が見える生理的飛蚊症もあります。ともかく飛蚊症が起こったら眼科で眼底を見て貰いましょう。

この段階では、硝子体手術という専門性の高い高度な手術が行われます。

そして、ついには網膜が引っ張られて剥がれてしまうと、いわゆる網膜剥離になります。この状態からでも硝子体手術によって失明をくい止めることもありますが、結果に大きな幅のある難しい手術です。

糖尿病の方は定期的な糖尿病検査と診察、そして眼底検査を必ず受けましょう。他の糖尿病合併症はともかく網膜剥離からの失明を回避できる可能性が高いのです。

近年網膜症の陰で目立たなかった黄斑症という視力低下や中心部の視野欠損が起こりやすい疾患が問題になってきましたが、幸い治療薬(注射剤)が出始めています。

(2009年05月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題