メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病の合併症〈糖尿病網膜症〉

糖尿病になったら眼科も受診する?

糖尿病の合併症のうち、目に現れるのが「糖尿病網膜症」です。糖尿病が発症してから、7〜10年後頃から発症する人が出てくるといわれています。しかし、2型糖尿病は発症時期が正確にわからないため、糖尿病とわかった時点ですでに糖尿病網膜症が進行している人もいます。

「自分のからだのことは、自分が一番わかっている」、そう考えている人も多いと思いますが、糖尿病網膜症は初期段階で自覚症状がありません。そこで、健康診断などで糖尿病、またはその予備群と診断されたら、一度眼科で眼底検査を受けましょう。

どうして糖尿病網膜症になる?

目から入った光は、眼球にある水晶体というレンズと硝子体というゼリー状の液体を通り、網膜に集められ、そこで初めて光の色や明暗は感知されます。カメラにたとえると、網膜はフィルムといえます。糖尿病網膜症は、このフィルムの感度が悪くなったり、傷ついたりした状態です。

感度を悪くしたり傷をつけたりする犯人は、高血糖です。網膜には細胞に酸素や栄養を運ぶため、細小血管という細い血管がたくさん走っています。血糖値が高い状態が続くと、細小血管がつまったり、もろくなったりします。その結果、血管が破れ出血してしまう、たんぱく質や脂肪が網膜に染み出す、血管にこぶのようなものができる、などの問題が起きます。

この問題の初期段階で起きるのが単純網膜症で、自覚症状や視力低下はありません。糖尿病網膜症の第1段階で、血糖値コントロールをよくすると、多くの場合自然と消えていきます。

第2段階が、前増殖網膜症です。細小血管がつまると、その先にある神経などの組織が貧血になり、シミをつくります。また、酸欠で細小血管自体も死にかけてしまいます。細小血管が死んでしまっては、酸素や栄養を運ぶことができません。そこで目の中では、弱った細小血管の機能を補おうと、網膜や硝子体に、もろく出血しやすい新生血管を作る準備が始まります。この状態を放っておくと、最終段階である増殖網膜症へと進みます。

新生血管はもろい血管です。急激な血圧上昇や外からの衝撃などで、簡単に破れてしまいます。そして、硝子体の中で出血が起こると視力に大きく影響します。また、新生血管から染み出した成分で網膜と硝子体の間に増殖膜という薄い膜ができ、健康な網膜を硝子体から剥がしてしまう網膜剥離(もうまくはくり)を起こします。

糖尿病網膜症になってしまったら?

レーザーによる治療や硝子体手術など、糖尿病網膜症の治療技術は進歩しましたが、基本はあくまで血糖コントロールです。食事療法、運動療法、必要に応じた薬物療法、これらを継続して行うことが大切です。ただし、2型糖尿病の人が急に厳格な血糖値コントロールをすると、網膜症を悪化させてしまうことがあるので、主治医や眼科の医師と相談の上、治療をはじめましょう。

また、増殖網膜症の段階まで進んでしまった場合は、運動療法でも注意が必要です。激しい運動や、目にボールが当たる危険のある球技などは、新生血管が破れる原因になりかねません。軽いウォーキングなどの、衝撃の少ない運動にとどめましょう。

(2008年11月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題