メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

糖尿病と足のケア

糖尿病になると足に影響する?

糖尿病と足のケア 「糖尿病患者さんは、足にも気を使いましょう」 こんなことを言われても、糖尿病とわかって日の浅い患者さんや、その予備群の人は「どうして?」と思うことでしょう。ですが、糖尿病と足の関係をきちんと知っておかないと、大変なことになりかねません。

糖尿病の合併症といえば、網膜症や腎症、神経症、動脈硬化などがよく知られています。これはどれも、血糖値が高い状態が続くことで起こります。そして、いくつかは足の病気にも関係しています。

例えば、神経障害が進むと神経中枢から遠い足先の感覚が鈍くなり、普通の人なら感じるような痛みなども感じにくくなります。そのため、ケガなどに気がつかない場合もあります。健康な人ならすぐ手当てをすればどうということのないケガでも、ひどく化膿させたり治りを遅らせてしまったりします。

これには、動脈硬化も関係しています。高血糖や高血圧が続き動脈硬化が進むと、血液の流れが悪くなりがちです。すると、足の端まで必要な栄養が届かず、細菌などに対する抵抗力が弱くなります。そんな状態で足のケガなどを放置すれば、化膿はもちろん、潰瘍(かいよう)や壊疽(えそ)の危険も高まります。そこまで悪化させてしまうと入院が必要になり、最悪の場合は足を切断しなくてはなりません。

神経障害が、足や足の指を変形させることもあります。これは、感覚が鈍くなっているせいで靴のサイズが合っていなかったり、不自然な歩き方をしたりしても違和感なく歩けてしまうことで、少しずつ骨を変形させてしまうためです。

どうやって足をケアする?

血糖値のコントロールはもちろんですが、日ごろから足の状態をまめにチェックして、手入れを怠らないようにしましょう。

足の観察
毎日まめに足の状態を確認しましょう。お風呂に入る前や夜寝る前、明るいところでケガややけど、タコやウオノメ、水虫や爪、足や指の変形や皮膚の変色などをチェックします。指と指のあいだや、足の裏も忘れてはいけません。

入浴時の注意点
お風呂に入るときは、まずは手で湯加減を確かめましょう。感覚が鈍くなっていると熱すぎても気がつかず、やけどをしてしまう恐れもあります。足を洗うときは、タオルやスポンジでやさしく丁寧に洗いましょう。皮膚はふやけると傷つきやすくなるので、長風呂も禁物です。入浴後は水分をしっかりふきとり、皮膚が乾燥しやすい人はクリームを使って乾燥を防ぎましょう。

爪の手入れ
伸びすぎた爪や割れた爪は、足を傷つけてしまう危険があります。同じように、皮膚に食い込む巻き爪も要注意です。爪を切るときは明るい場所で深爪に気をつけ、切った断面で皮膚を傷つけないようやすりで滑らかに削りましょう。

他にも、自分の足のサイズにあった靴を履く、靴下を履くなどの注意も必要です。そして異常に気づいたら、できるだけ早く消毒などの応急処置をしましょう。我慢したり放っておいたりしてはいけません。

(2008年08月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題