メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

メタボリックシンドロームと糖尿病

メタボリックシンドロームと糖尿病
メタボリックシンドロームは糖尿病の前段階?

メタボリックシンドロームの人は、内臓脂肪型肥満があり、インスリン抵抗性(細胞がインスリンの作用を受けにくくなる)などが目立つなど、糖尿病などの生活習慣病になりやすい危険な状態です。

腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上で、[中性脂肪150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満]、[収縮期血圧(上)130mmHg以上か拡張期血圧(下)85mmHg以上]、[空腹時血糖値110mg/dl以上]の3項目のうち2つ以上に問題がある場合、メタボリックシンドロームと診断されます。平成17年の国民健康・栄養調査では、40〜74歳の男性の約2人に1人、女性の約5人に1人はメタボリックシンドロームあるいはその予備群という結果でした。

この診断基準にある空腹時血糖値110mg/dl以上というのは、糖尿病では「境界型」の診断基準と重なっています。糖尿病は完治しない病気です。メタボリックシンドロームやその予備群の段階で食い止めることが大切です。

内臓脂肪は諸悪の根源?

メタボリックシンドロームは、放っておくと糖尿病などの生活習慣病へ発展しますが、その前段階として、動脈硬化が進みます。動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を引き起こします。平成17年の人口動態調査では、日本人の死因の約28%は、心臓と脳の病気です。そして、そのほとんどは動脈硬化が原因といわれています。

その動脈硬化を進行させるのが、内臓脂肪です。お腹がポッコリと出て、特に上半身が太っている状態が、内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪は、ただ内臓の周りに溜まっているだけではありません。からだの中で悪さをする、さまざまな物質を作り出しています。それらは、血液を固まりやすくしたりインスリンの働きを邪魔したりして、血糖値や血圧を上げます。また、血液中に脂肪分をたくさん放出するので、血清脂質も高くなります。

効果的なメタボリックシンドローム対策は?

毎日の生活を見直し、肥満、高血糖、高血圧などの原因になる生活習慣を改善することが大切です。まずは、日本肥満学会が推奨する、体重3kg減、腹囲3cm減を目指しましょう。これは、「サンサン運動」といわれ、大きな目標を掲げる前に、できるところから始めようというものです。

【食事】
腹八分目を心がけ、ゆっくりとよく噛んで食事しましょう。1日3食規則正しい時間帯に摂り、できるだけ多くの種類の食品を食べることも大切です。和食は本来、バランスの良い食事です。洋食や中華などに偏らないよう注意しましょう。

【運動】
手軽な運動の代表格はウォーキングですが、1回15〜30分を1日2回程度、歩数にしたら1万歩、消費エネルギーなら160〜240kcal程度が目安です。理想は毎日おこなうことですが、それが難しいなら1週間に3日以上を当面の目標としましょう。

【その他の生活習慣】
お酒の飲みすぎ、喫煙、ストレスなどにも気をつけなくてはいけません。特にタバコはからだに悪いことだらけなので、すぐにでも禁煙に取り組みましょう。

(2007年10月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題