メニュー MENU
Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

なぜ糖尿病になるの?その2

イラスト
糖尿病の素質とは?

糖尿病は、“糖尿病の素質”がある人に、なんらかの誘因が加わって発病することが多いといわれます。この“糖尿病の素質”は、遺伝するので、家族や親戚に糖尿病の人がいる場合は、いない場合に比べて発病率は高くなります。また、その遺伝は父親の場合より、母親や母方の親戚が糖尿病の場合の方が、“糖尿病の素質”を受け継ぎやすいこともわかっています。しかし、“糖尿病の素質”をもっていても必ずしも発病するとは限りません。糖尿病の多くを占める2型糖尿病は、私達の生活環境が発病の引き金を引いているのです。

近年、糖尿病がこんなにも増えてきたのは、昔に比べて、私達の生活環境が大きく変化したことに起因します。戦後の高度経済成長を経て食生活が豊かになり、献立は、脂肪やたんぱく質が多い食品を摂取する機会が増え、逆に米や野菜の摂取が減りました。さらに、交通機関が発達したことで歩く機会も減り、室内での仕事が増え、家では便利な家電品で家事をし、リラックスタイムはテレビ、と体を動かす習慣も少なくなって、運動量が減りました。このような食事や運動などの生活習慣の変化が、日本人の糖尿病増加を招いたと考えられています。加えて、加齢に伴って発症しやすい糖尿病は、今後、高齢化が進むほどさらに増加していく可能性が高いので、大きな社会問題でもあるのです

糖尿病の危険因子って?

前述しましたように、糖尿病は遺伝的な要素と環境的な要素の両方が重なり合って発病すると考えられていますが、こういう病気が起こりやすい要因を病気の「危険因子」といいます。遺伝子も、過食も運動不足もストレスなども「危険因子」で、多くの「危険因子」を持つ人ほど糖尿病になりやすいのです。糖尿病になってしまう危険因子には以下のようなことがあげられます。

2型糖尿病の危険因子

加齢
歳をとると、体内のさまざまな機能が低下します。血液中のブドウ糖の利用も悪くなり、血糖値が上がります。また、膵臓がインスリンを分泌する力も衰えて、血糖値が下がりにくくなります。

肥満
皮下脂肪が多いと、インスリンの作用が低下します。

過食
過食によって必要以上のブドウ糖が作られると、その分、血糖値が上がります。血糖値を下げるために、より多くのインスリンを分泌するため膵臓は働きすぎて疲れてしまい、正常な分泌ができなくなってしまいます。

運動不足
運動をすると、筋肉細胞内のブドウ糖がエネルギーになって燃焼されます。ブドウ糖が燃焼されれば血糖値は下がるのです。

妊娠
妊娠中に胎盤から分泌されるホルモンには、インスリンの働きを妨げる作用があります。このために妊娠をきっかけに糖尿病が発病することがあります。

ストレス過多
ストレスがあると、自律神経系や副腎などから、血糖値を高める作用のあるさまざまなホルモンが分泌されます。

大量飲酒
大量に飲酒する習慣があると、膵臓の機能が衰えます。その結果、内臓脂肪がたまり、インスリンの働きが不足してきます

(2006年10月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

Dr.鈴木の
おしえて!糖尿病

  • ヘルシー御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題