トップページ - 関連ニュース - 「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
 富山大学は、食育に関する新たな調査結果を発表した。「生活にゆとりのない」家庭の親は食育に関心がない傾向があり、とくに母親の生活習慣が「悪い」と、親が食育に関心がなく、栄養バランスを考えない傾向にあり、子供の孤食も多いことなどが示された。
 また、子供のメディア利用時間が長いほど、朝食の欠食や間食が増える傾向があることも分かった。
親の生活習慣が悪いと、栄養バランスを考えなく、子供の孤食も多い
 研究は、富山大学地域連携推進機構地域医療・保健支援部門が、富山県教育委員会との連携事業として実施された文部科学省スーパー食育スクール事業の追加調査として実施したもの。研究成果は「Journal of Epidemiology」に掲載された。

 研究グループは、家庭の社会経済環境、親子の生活習慣などに関するアンケート調査を、高岡市内の5つの小学校に通う1年生~6年生までの全児童2,129人を対象に、2016年1月に実施した。回収数は1,986人(回収率:93.3%)、有効回答数は1,632人だった。

 その結果、次のことが明らかになった――。

(1)「生活のゆとりがない」家庭は、親が食育に関心がなく、栄養バランスを考えない傾向にあり、子供は野菜を食べない
 「生活のゆとりがない」と回答した家庭は、「ゆとりがある」と回答した家庭と比較して、親が食育に関心がなく、栄養バランスを考えない傾向があった。また、子供が野菜をあまり食べない傾向があった。
 年齢や性別等の他の要因を考慮した統計分析の結果、「ゆとりがある」家庭を基準とした場合の「ゆとりがない」家庭の望ましくない習慣に対するオッズ比(リスク指標)は、「食育に関心なし」で1.46、「栄養バランスを考えない」で1.52、「野菜を食べない」で1.52だった。

(2)親の生活習慣が悪いと、親が食育に関心がなく、栄養バランスを考えない傾向にあり、子供の孤食も多い
 「ブレズローの7つの生活習慣」の当てはまる項目が0~3個の場合を生活習慣が「悪い」、4~5個の場合を「普通」、6~7個の場合を「良い」として、子供の食習慣との関係を評価した。
 その結果、親の生活習慣が悪いと、親は食育に関心がなく、栄養バランスを考えなく、子供の孤食も多かった。
 年齢や性別等の他の要因を考慮した統計分析の結果、父親の生活習慣が「良い」家庭を基準とした「悪い」家庭の望ましくない習慣に対するオッズ比は、親が「食育に関心ない」で1.53、「栄養バランスを考えない」で1.47、子供が「朝食を1人で食べる」で1.47だった。
 また、同じく母親の生活習慣が「良い」家庭を基準とした「悪い」家庭の望ましくない習慣に対するオッズ比は、親が「食育に関心ない」で2.95、「栄養バランスを考えない」で3.86、「朝食を1人で食べる」で2.42だった。

 「ブレズローの7つの生活習慣」は、(1)適切な睡眠時間(7~8時間)をとる、(2)喫煙をしない、(3)適正体重を維持する、(4)過度の飲酒をしない、(5)定期的な運動を行う、(6)朝食を毎朝食べる、(7)間食をしない――という7つの生活習慣から構成され、当てはまる項目が多いほど生活習慣が良いと判断される。

(3)子供のメディア利用時間が長いほど、子供は朝食を欠食し、野菜を食べず、1日2回以上間食をする
 さらに、子供のメディア利用時間が長くなるほど、朝食を欠食し、野菜をあまり食べず、1日2回以上間食するなど、望ましくない食習慣が増える傾向がみられた。
 年齢や性別などの他の要因を考慮し分析した結果、メディアの利用時間が「1時間未満」の子供と比較した場合の、「2時間以上」の子供の望ましくない習慣に対するオッズ比は、「朝食を欠食する」で2.75、「野菜を食べない」で2.68、「1日2回以上間食をする」で4.16だった。

関連情報
子供だけではなく、親に対する健康教育も必要
 以上のことから、子供の食習慣には、(1)家庭の経済環境の影響を受けるもの、(2)親の生活習慣の影響を受けるもの、(3)子供自身の生活習慣の影響を受けるものがあることが示された。

 要素の中には、社会環境のような自分自身の力だけでは見直しが難しいものと、親の生活習慣や子供の生活習慣のように見直しが可能なものがある。子供の望ましい生活習慣づくりには、子供に対する健康教育だけではなく、親に対する健康教育も必要である。地域社会や学校の協力のもとに子供の健康習慣づくりを進める必要がある。

 「子供だけではなく、親に対する健康教育が必要ではないかと考えられる。今後の子供の望ましい生活習慣づくりに何が必要なのか、示唆を与える結果になった」と研究者は述べている。

富山大学 地域連携推進機構 地域医療・保健支援部門
Relationship Between Parental Lifestyle and Dietary Habits of Children: A Cross-Sectional Study(Journal of Epidemiology 2019年6月1日)
2019年07月更新
このサイトに関するお問合せはコチラから