スローカロリーの情報ファイル

トップページ - ドクターインタビュー 生活習慣病とスローカロリー
―― 生活習慣病の予防・改善に対しては、"スローカロリー"な糖質の摂取は有効でしょうか?
池田: 有効な部分があると思います。疾病予防という視点からみると"スローカロリー"の及ぼす特性は、生活習慣病予防として勧められる選択肢の一つになると思います。そのためには、摂取する糖質を"スローカロリー"なものに変えた食生活を確立し、継続していくことが必要となります。特性の一つであるインクレチンの分泌促進による満腹感の持続は、過食を防止し過剰なエネルギー摂取の抑制につながります。

 もちろん"スローカロリー"の特性は、健康な方の食生活への活用にも期待できます。

―― どのように取り入れるとよいでしょうか?
池田: 例えば、日頃使用する砂糖を、パラチノースに置き換えます。砂糖と半々、または20%、40%をパラチノースに置き換えるだけでもよいでしょう。すべての量をパラチノースに置き換えず一部の量でも、一緒に摂取した他の糖質にも吸収抑制を働きかけるからです。

―― 医療スタッフは、どのように指導に取り入れていくとよいでしょうか?
池田: まずは、医療スタッフの皆さんに、"スローカロリー"の概念や効用を知っていただきたいと思います。そして、食生活の改善が必要な患者さんや糖質管理が必要な方、保健指導の対象者の方などへの指導時に、代替選択肢の1つとして情報提供されてもよろしいかもしれません。日常生活で、飲料や料理に砂糖などの甘味料を多く使用されている方には、特にお勧めではないかと思います。

 しかし、実際は、このように直接摂取するよりも、加工食品や外食などで、知らないうちに甘味料が入っていることが多いものです。広く加工食品に使用されている甘味料が、パラチノースに代表される"スローカロリー"なものに変わっていくと、さらにその効果を実感できるのではないでしょうか。

―― 他には、どのような活用法が考えられますか?
池田: 先にも述べた予防という視点でみると、"スローカロリー"は糖質を摂取した際の血糖値の変動、それに伴うインスリンやインクレチン分泌への影響を考えると、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病や肥満、糖尿病など、食生活からアプローチできる予防策の一つとして活用できると思います。

―― 有難うございました。

2010年12月更新
糖尿病リソースガイド スローカロリー研究会
このページの
TOPへ ▲