糖尿病ネットワーク 糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
 
糖尿病セミナー
足の手入れ
監修
東北大学名誉教授 後藤由夫先生

編集
永寿総合病院病院
 糖尿病臨床研究センター長 渥美義仁先生


なぜ足の手入れが必要か

 糖尿病と足は、意外なほど強い関係があります。ふつう日常生活で足に気を使うことはほとんどありませんが、糖尿病があると足の手入れが非常に重要になります。
 糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、神経障害のほかに動脈硬化などによる血流障害が起こりやすく、また細菌や真菌(みず虫)などの感染に対する抵抗力が低下します。
 神経障害があると痛みを感じにくいため、ケガやヤケドに気付きにくく、つい放置しがちです。さらに、動脈硬化などが進行し血流障害が起きると、からだの末端、特に足の先などには血液が流れにくくなり、細胞が必要とする栄養や酸素が、十分に供給されなくなります。
 高血糖は、からだの抵抗力を弱くするので、傷口が化膿しやすくなったり、傷の治りも遅くなります。
 これらのことは、からだ全体にあてはまることですが、足は手などに比べて目にふれる機会が少ないことから、糖尿病の人は特に足の手入れに配慮が必要です。

足の手入れを怠ると…

 もし、足の手入れを怠ると、どのようなことになるのでしょう。
 まず、神経障害により感覚が鈍くなっているため、ケガやヤケドなどの発見が遅れたり、放置してしまいます。そして、早めに手当すればすぐに治る程度のケガでも、血流障害があったり、細菌に対する抵抗力が低下しているため、なかなか治らず、傷口が化膿するケースがあります。
 適切な処置をせずに放置すると、やがて潰瘍へと悪化します。潰瘍になってしまうと治療は長期にわたり、入院も必要になります。

 
ケガを放置していたため、壊疽にまで進行してしまった例


足の手入れが特に必要なのは…
次に該当する方はより注意してください。
以前に足の潰瘍や壊疽となったことがある
透析治療を受けている
足や足のゆびが変形している
神経障害や血流障害があると言われている
網膜症などで視力が低下している
(足を自分でチェックできない)
一人暮らしの高齢者
(周囲の人が異常に気付く機会が少ない)
 そしてこの段階に血流障害が重なり、十分な血液が流れないとさらに悪い方向に進み、壊疽(えそ)という、組織(細胞の集合)が死んでしまう病気になってしまいます。壊疽の治療は非常に困難で、場合によっては足を切断しなくてはならなくなります。足を切断すると、日常の活動範囲は制約されたものになってしまいます。
 このように、糖尿病による足の病気はさまざまなことが重なりあって、初めはごく小さなケガでも、想像以上に悪化してしまうことがあります。

足を守るために

 足の病気で困らないようにするには、予防が一番です。血糖コントロールによる糖尿病そのものの治療はもちろんですが、次のような点に日頃から気をつけましょう。

1. 毎日こまめに足のチェックを

 寝る前などに、毎日明るい場所で足をよくみましょう。足の裏側は手鏡にうつしてみたり、目の悪い方は、周りの人にみてもらいましょう。

2. 入浴時のポイント

 おふろに入るときには、次のような点に注意しましょう。
(1)湯ぶねに入る前には、必ず手で湯加減を確かめる。神経障害があると足は熱さに鈍くなっていて、熱い湯でも気付かずにヤケドをすることも
(2)やわらかいタオルやスポンジで、足の裏やゆびの間もていねいに洗う
(3)足がふやけるほどの長ぶろはダメ。ふやけた皮膚は傷つきやすい
(4)入浴後は水分をしっかりふきとり、クリームを塗って、皮膚が乾燥しないように

3. 爪の手入れも大切

 神経障害が進んでいると、爪が伸びていたり割れていたり、さらには巻き爪がくいこんでいても、違和感や痛みを感じません。伸びた爪はケガのもとですので、こまめに手入れをしましょう。硬くて切りにくい爪は、無理に自分で切らずに医師や看護師に処置してもらいましょう。また、深爪をしないように注意が必要です。

こんなことにも要注意

動脈硬化から壊疽に
 動脈硬化は、糖尿病による合併症のなかでも特に重要な疾患で、血流障害の原因ともなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことが知られています。動脈硬化は足の血管にも発症します。歩くとふくらはぎが痛み、休憩すると痛みがとれるといった症状(間欠性跛行かんけつせいはこう)は要注意。足の動脈が細くなっていて、十分な酸素が送られていない可能性があります。放っておくと壊疽に進展することもあります。早めに医師にみてもらってください。

足の変形に気をつけて
 神経障害が進むと、足が変形することがあります。これは、感覚が鈍くなっていて、不自然な歩き方でも気付かずに違和感なく歩けてしまうため、徐々に骨が変形してしまうためです。変形した足のままでは転びやすくなり、ケガや骨折を招きます。足が不自然な形をしていないかもチェックしましょう。

足の裏のタコと厚くなった爪

爪のみず虫も軽視できない
 爪のみず虫は皮膚のみず虫と違ってかゆみがないばかりか、見た目ではわからないこともあります。しかし、放置すると爪が厚くなり手入れをしにくくなります。また、変形したり割れやすくなって、ケガのもとにもなります。ですから症状がなくても軽視せずに治療を続けましょう。

日常生活での注意点

 足の手入れを習慣づけるとともに、普段から次のようなことに気をつけましょう。

1. 足にやさしい靴を選ぶ

 靴が足にフィットしていないと、靴ずれを起こしたり、血管を圧迫したりします。また、蒸れやすい材質のものだと、みず虫ができやすくなります。足の病気の予防にとって、靴選びは大切なポイントです。

靴の選び方、履き方のポイント
足全体にフィットし、つま先がゆったりしたものを選ぶ
ハイヒールなど、一カ所に体重がかかるものは避ける
靴底にクッションのある、ウォーキングタイプがよい
一日の中で最も足が大きくなる夕方を基準にサイズを選ぶ
新しい靴は、最初から長時間履かずに、徐々に慣らしていく
靴を履く前には、小石など異物が入っていないかをチェックする

2. いつも靴下を履くように

靴下の選び方、履き方のポイント
通気性のよい綿かウールのものを選ぶ
足を締めつけ過ぎず、ずれて下がらない、サイズのあったものを履く
出血に気付きやすい白色のもの
毎日履き換えて清潔を保つ
雨水でぬれたときは、早めに履き換える
 ケガの防止のため、素足を避け、靴下を必ず履くようにしましょう。靴下の選び方、履き方は、右のようなことに注意してください。
温風機で低温ヤケドとなった例

3. ヤケドを防ぐ!

 神経障害により足が冷えることはよくありますが、そんなときは熱さに対しても鈍くなっています。こたつや電気カーペットなどでは、低温ヤケド(低い温度設定でも長時間温めていることでヤケドと同じ状態になる)に十分注意しましょう。また、真夏の海水浴で、砂浜を素足で歩いたり、直射日光にあたり激しい日焼けをするのも危険です。

4. 感染・化膿を防ぐ!

 汗や汚れをそのまま放置せず、清潔を保ちましょう。雨の日や夏場は特に注意が必要です。ふやけた皮膚は傷つきやすく、そこから感染し化膿したり、あるいはみず虫の原因ともなります。汗はよくふき、靴下は替えましょう。
糖尿病と
いわれたら
禁煙を

5.禁煙!!

 タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させたり傷めたりすることがわかっています。つまり、タバコを吸うことで、血流障害はより悪化するのです。糖尿病になったら、まず禁煙です。

足にトラブルが起きたら

 糖尿病の「慢性合併症」の中で、網膜症や腎症、神経障害などは、年単位でゆっくり進行します。しかし足の合併症は、いったん起こり始めるとごく短期間で進行することがあり、「急性合併症」としての側面もある病気です。だからこそ、ここまでに解説してきた、ご家庭での日々のチェックが大切なわけです。
 そして、もし足にケガをしたり、異常に気付いたら、すぐに消毒などの応急手当をしてください。処置に困ったり、傷の具合がよくなる気配がみられないときは、早めに医師にみせてください。一番いけないことは、痛くないからといって放置することです。
 また、タコやウオノメを市販薬で治そうとしたり、自分で削ったりすると、削りすぎて新しい傷をつくることがあり危険です。みず虫も、あやしいと思ったら早めに医師にみてもらいましょう。

増加が予想される足の病気

 これまで日本では、糖尿病による足の病気は欧米に比べて少ないとされてきました。その理由の一つには、動脈硬化が少ないことがあります。また、家の中では靴を履かず、入浴好きで清潔を好む国民性によるものと考えられています。
 しかし今後、日本でも糖尿病の増加、足の動脈硬化の進行、ライフスタイルの変化により、足の手入れの大切さはますます高まると考えられます。糖尿病と足の関連をよく理解し、みだしなみを整えるのと同じように、普段から足にも気を配りましょう。

Copyright ©1996-2021 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。