トップページ - 間食のジャンル・食品別データ - ファストフード・外食スイーツ編

 レストランやファミレスのメニューを見ると、どれも美味しそうで、「今日は特別!」としたくなります。しかし、◯◯を食べるという意識を持ってお店に入るわけですから、きちんと選んで、量もコントロールしたいところです。後悔で食事を終わらせないためにも、対策を立てておきましょう。

<外食時のPoint>
1. デザートのオーダーは食後に!

〜食前にオーダーすると、食欲に任せて頼んでしまうことへの対応策です。
2. オーダーは他人につられず自分で!
〜エネルギー量が表示されているところが多いので、食事内容と検討しながら決める
3. ミニサイズやハーフサイズを!
〜あくまでもデザートです。食後なので、量より中身を楽しむゆとりを持ちましょう
4. 家族や仲間とシェアする!
〜複数でシェアすることが可能であれば、一人で一人前食べなくても済むというメリットがあります。

 また、レジに並んでいると、脇で販売されている肉まんやアメリカンドッグ、フライドチキンなどのホットスナックは、がなぜか美味しく見えるものです。並ぶ前までは買う気がなくても、 "ついでに"買ってしまうことがあります。

 「甘くないから大丈夫」ではありません。お弁当+ホットスナックで、1,000kcalということもあります。追加注文の前に、これから購入するものとのエネルギーや炭水化物の合計量をカウントする癖をつけましょう。あなたの身体にとって財布の中身より、指示エネルギー量の中でのやりくり計画の方が大切です。どうしてももう1品追加したい場合は、熱い汁ものやスープを優先してみませんか。フウフウしながらゆっくり食べると、思いがけない満腹感を得られます。お試しを!

<Point>
●「ついでに」買わない勇気を
●追加の前に、合計の栄養量を確認する


*データは、血糖コントロールが良好な境界型糖尿病の方が医師の指導・管理のもとテスト的に実施した一例です。


↩ トップへ