(社)日本糖尿病協会 関東甲信越地方連絡協議会発行
とうゆうニュース
とうゆうニュース 第87号 2006年7月1日発行
第25回関東甲信越糖尿病セミナー
第25回関東甲信越糖尿病セミナー 「継続は力なり」

[日 時] 平成18年10月29日(日)午前9時45分-午後4時
[会 場] ベルクラシック甲府(JR甲府駅から徒歩3分)

セミナー代表世話人
山梨大学大学院第三内科教授 小林哲郎

 今回は10年ぶりに山梨の地で本セミナーが開催されることになりました。基礎的な知識から最新の情報提供まで充実したセミナーにしたいと思っております。
続きを読む »


最新の話題紹介
3型糖尿病をつくるな
食事療法は涙か、ほほ笑みか

東京都済生会渋谷診療所  松岡健平

餓鬼道に陥ったかのごとく食う!
 中国には伝説的な黄帝という王様がいました。偉大な方で、あらゆる学問の祖として医学についても「内経素問」つまりテキストと質疑応答集を編纂しました。栄養ドリンクの「ユンケル黄帝」はこの皇帝にあやかってつけた商品名でしょう。
続きを読む »


糖尿病療養生活のポイント
「皆様に、とちぎよりファイナルアンサー」

とうゆうニュース編集委員
宇都宮中央病院栄養科 とちぎDMスタッフの会
  粂 まり子

 87号より編集委員の私がこのページを担当させていただきます。医療従事者として37年間勤めておりますが、このページを皆様と楽しく過ごす、情報の食卓にしたいと思っております。
 早速ですが、今回は、クイズに挑戦して頂きます。栃木県ウォークラリーの栄養部チェックポイントからの出題です。
続きを読む »


糖尿病療養生活のポイント
夏にむけてのフットケア

とうゆうニュース編集委員
多摩みなみクリニック
  坂山光湖

 暑い夏が近づいてきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回は足のお手入れについてお話します。
 さて、皆さんは日頃自分の「足」を大切にしていますか? 「もちろん!」という方も「足はあまり気にしてないな」という方も、素足でいる時間が増えるこの機会に自分の足をチェックしてみませんか?
続きを読む »


糖尿病療養生活のポイント
ウォーキング-正しい姿勢・歩き方-

とうゆうニュース編集委員
衣笠病院 健康管理センター 運動指導室
  大塚 洋

 ウォーキングによる運動効果を得るためには、正しい姿勢を身につけ、正しいウォーキングフォームで実践することが大切です。ただ何となく歩くだけでは全身運動としての効果は少なく、逆に骨や筋肉に大きな負担をかける歩き方では、障害を引き起こす原因となります。
続きを読む »


わたしと糖尿病
“きっかけ”

 私が糖尿病を発症して人院したのは4年前の5月でした。身休が急に痩せてくるし、体調は悪いしで今まで病気なんてあまりしなかった自分の不調に、まわりの家族も心配になり病院へ行きました。結果1型糖尿病と診断されました。
続きを読む »


わたしと糖尿病
『私らしく・・・』

 糖尿病と診断されて早いもので30年になりました。私は5人兄弟の次女として産まれ毎日泥んこになりながら遊び回っている元気な子供でした。そんな私が突然の体重減少・喉の渇き・多尿・倦怠感に襲われました。
続きを読む »


わたしと糖尿病
食生活の難しさ

 思い起こせば30数年前の2月初旬に、職場の研修会(1泊)に参加する週末の満員電車で目的地に向かう途中で、胸部に激痛が発生しました。電車混雑による筋違いだと思い、週明けまで我慢してから整形外科を受診しましたが、診断結果は呼吸器疾患(胸膜炎)でした。
続きを読む »


わたしと糖尿病
感謝と自己管理

 私が劇症1型糖尿病を発症したのは、2年前の5月上旬の57歳の時でした。風邪気味で体の内部から大きな胴震いがあった2日後から異常に喉が渇き、体がだるく食べたものも吐いてしまいました。
続きを読む »


わたしと糖尿病
糖尿病との付き合いを振り返ってみて

 私は、現在76歳、初めて糖尿病の疑いで病院で精密検査を受け、教育入院ということで入院生活を送ってから既に35年余の歳月が経っております。
続きを読む »


友の会と共に
ともに歩もう! MACの会

 みなみ赤塚クリニック友の会(Minami Akatsuka Clinicの頭文字をとってMACの会)は1999年クリニック開設と同時に発足し、現在48名の会員が積極的に会の運営を行っております。
続きを読む »


友の会と共に
仲間とともに楽しく糖尿病と付き合いましょう

 私達の会共栄会は20年程前に糖尿病の患者さんとその家族が、学習したり、親睦を深め合いながら、お互いに励まし合って、糖尿病を克服していこうという願いのもとに生れた自主的な会です。
続きを読む »


友の会と共に
楽しい集いの会 多田分会

 多田内科医院は平成14年3月に開院しました。翌年、りんどう会多田分会を発足して、現在、会員65名です。
続きを読む »


友の会と共に
ひまわりのように明るく前向きに。

 私達の会を紹介したいと思います。会の名を日通ひまわり会と呼びます。ひまわり会は文京区大塚にあります。日本通運健康保険組合東京病院内に拠点を置きます。
続きを読む »


友の会と共に
心の通い合う “やしお会"の活動

 下野市にある自治医科大学附属病院の「やしお会」です。患者同志の心のつながりと、病気に対する知識の向上を目標に先見の明のある先生方の発案で発足し30年を迎えました。現在100余名の会員です。
続きを読む »


なぜ増強でしょうか
ひとりぼっちで糖尿病と戦いますか

関東甲信越地方連絡協議会 会長 田村泰敏

 去る4月27日・5月26日、東京都内で関甲信、日糖協の総会が開かれました。
続きを読む »


ご挨拶
ご挨拶

関東甲信越地方連絡協議会 会長 田村泰敏

 山河は緑につつまれ、日毎に暑さが増して参りました。
続きを読む »


編集後記
編集後記

編集委員長 松葉育郎

 去る4月、新しい編集委員、通信員の方々と、さらにわかりやすく、日々の患者さんの生活に役立てる編集方針を話しあいました。
続きを読む »


編集後記
編集後記

編集委員 菅原正弘

 最近、メタボリックシンドロームが国会でも取り上げられ、TV、新聞などのメディアを賑わせている。
続きを読む »


お問合せ先
お問合せ先

続きを読む »



  • 第25回関東甲信越糖尿病セミナー
  • 最新の話題紹介
  • 糖尿病療養生活のポイント
  • わたしと糖尿病
  • 友の会と共に
  • なぜ増強でしょうか
  • ご挨拶
  • 編集後記
  • お問合せ先

    » バックナンバー
  • (社)日本糖尿病協会 東京都支部(東京都糖尿病協会)