糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
国際糖尿病支援基金トップページへメールマガジン無料登録
国際糖尿病支援基金が支援する糖尿病患者さん
すべてを表示
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Ishika Wanjariちゃん
1日4回のインスリン注射で良くなりました。写真には後にお母さんとIshikaちゃんが写っています。
親愛なる眩厖柑 様

冬でも暑いインドのナグプールから感謝を申し上げます。あなたとあなたのご家族に良いことがありますように。

Ishika Wanjariさんをご支援いただき、ありがとうございます。ご支援のおかげで、1型糖尿病のIshika Wanjariさんを治療を続けることができます。ご支援を、規則的な血糖測定とインスリン注射、クリニックまでの運賃、ヘルスケアに役立てています。

Ishikaちゃんは元気になりました。お母さんが1日4回のインスリン注射をしてあげています。3月現在、身長は72cmに、体重は10kgになりました。

写真は私たちのクリニックで撮ったものです、中央前にIshikaちゃんのお姉さんが、後にお母さんとIshikaちゃんが写っています。
2007.04

■ 2006年12月
Ishika Wanjariちゃん
 国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる眩厖柑厖

 メリークリスマス。そしてハッピーニューイヤー。
 ドリームトラストに寄付をいただきありがとうございます。
 ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼女の成長もご連絡します。


Ishika Wanjariさん
私たちのクリニックで、お母さんといっしょに。
Ishikaさんは1歳3カ月の赤さんなので、
毎食後にお母さんが注射をしています。

彼女の家で 私たちが最近訪れて撮影しました

私たちのクリニックで
スポンサー:眩厖柑

支援する患者さん
名前:Ishika Wanjari 女の子
生年月日:2005年9月23日
糖尿病発症:2006年8月 1型糖尿病
身長:76cm  体重:10kg
住所:Nagpur

 Ishikaさんの家は6人家族で、ご両親、kindergartenで学校に通っているお姉さん、お祖母さん、叔父さんがいます。
 お父さんは売店を経営しています。お母さんは主婦です。
 一家の収入はおおよそ90米ドル(1万440円)です。

 Ishikaさんはいつもにっこりと笑っている、やさしい子です。
 彼女は2006年8月に、発熱とケトアシドーシスを起こし、1型糖尿病と診断されました。9月に私たちのクリニックを訪れ、1日4回のインスリン注射という治療法に切り替えました。彼女は頑張っています。

 どうぞこれからも彼女のご支援をお願いいたします。
2006.12


 

国際糖尿病支援基金
わが友、糖尿病
途上国の糖尿病状況

森田会長からのメッセージ
Ron Raabさんからのメッセージ
概要・運営委員
活動報告
現状・収支報告
支援者名
寄付金・募金のお願い
事務局(お問合せ先)
ENGLISH

すべてを表示
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Insulin For Life (IFL)の紹介
チャレンジ
IFLとその目的
運営委員
活動内容
IFLの活動に対する反響
2005年 年次報告
2004年 年次報告
2003年 年次報告
ENGLISH

Dream Trustの紹介
発足の経緯
活動の狙いと目的
実績
支援者
組織の概要
ENGLISH

寄付金・募金のお願い