糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
国際糖尿病支援基金トップページへメールマガジン無料登録
国際糖尿病支援基金が支援する糖尿病患者さん
すべてを表示
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Bhumi Ekant Kambleさん
Bhumiさんは1日に3回のインスリン注射を行い、血糖コントロールをしています。「将来は医師になりたい」と口にするようになりました。
南 昌江 先生

インドのナグプールより熱い感謝の思いを込めてご挨拶申し上げます! あなたとご家族の健康をお祈りしております。

Bhumi Kamble(1型糖尿病)をご支援いただき、ありがとうございます。Bhumiさんは元気です。いただいたご支援を血糖測定、インスリン注射、ヘルスケア、診療所までの運賃に利用しています。

Bhumiさんはインスリンを1日に3回注射しています。朝早く学校に行き、午前7時30分に1回目のインスリン注射を行います。彼女は食事についてのコンプライアンスは良好ではありません。数カ月前までは血糖値が高かったのですが、いまは反省をして注意深くなっています。

彼女の体重は25kgで、身長は135cmです。

Bhumiさんは今月、4年生の試験を受けます。彼女は将来は医師になりたいと言うようになりました。
2007.03

Bhumi Ekant Kambleさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているBhumi Ekant Kambleさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



南 昌江 先生

インドのナグプールより熱い気持ちを込めてご挨拶申し上げます! 貴女とご家族の健康をお祈りしております。

Bhumiさんは7歳になり、1日3回のインスリン注射を続けながら、元気に暮らしています。

Bhumi Kamble(1型糖尿病)をご支援いただき、ありがとうございます。変わらぬご支援がBhumiにとって大きな助けになります。ご支援いただいているおかげで、血糖測定やインスリン注射、診療、通院のための旅行を続けていくことができます。

Dream Trustの支援を受けるようになってから、Bhumiは目覚ましく成長しました。体重は2年前には13kgだったが今年の11月には20kgに増え、身長は107cmから125cmに伸びました。学校では2年生になりました。内気だったのが、このごろは私たちに話しかけるようになりました。

最近の写真と、Bhumiがあなたのために描いた絵を送ります。
ありがとうございます。
2004.12

Bhumi Ekant kambleさん
Bhumi Ekant kambleさんには1歳の兄弟がおり、お父さんも1型糖尿病患者です。 支援する患者さん
名前:Bhumi Ekant kamble
生年月日:1997年8月1日(2002年現在5歳)
糖尿病発症:2002年3月 1型
身長:108cm
体重:17kg
スポンサー:南 昌江

お父さんは、コンピューターのオペレーターをしており、月収は約50ドル(6,000円:1ドル=120円)です。
2002.07


 

国際糖尿病支援基金
わが友、糖尿病
途上国の糖尿病状況

森田会長からのメッセージ
Ron Raabさんからのメッセージ
概要・運営委員
活動報告
現状・収支報告
支援者名
寄付金・募金のお願い
事務局(お問合せ先)
ENGLISH

すべてを表示
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Insulin For Life (IFL)の紹介
チャレンジ
IFLとその目的
運営委員
活動内容
IFLの活動に対する反響
2005年 年次報告
2004年 年次報告
2003年 年次報告
ENGLISH

Dream Trustの紹介
発足の経緯
活動の狙いと目的
実績
支援者
組織の概要
ENGLISH

寄付金・募金のお願い