糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
医療・健康情報グループ検索  
国際糖尿病支援基金 トップページへメールマガジン無料登録
基金の活動報告
■ 2008年12月現在
カンボジアにも、インスリン療法を必要としながらインスリンを入手できず、成人する前に亡くなってしまう1型糖尿病患者さんがいます。「インスリン・フォー・ライフ」はそうした1型糖尿病患者さんを支援する活動を計画しています。

私たち「インスリン・フォー・ライフ」(IFL: Insulin for Life)はオーストラリアを中心に途上国の糖尿病患者を支援する国際的な活動を展開しています。現在、私たちが支援する患者さんは世界で3500人にのぼります。使用されるインスリンは、先進国では廃棄されていたはずのものです。


IFLから送られたインスリンを手に
(中央)薬剤師のSok Yさん
(左)ロン・ラーブ(Ron Raab)さん
カンボジアでも糖尿病患者への支援活動を続けています。10月にロンドンで開催された国際糖尿病連合(IDF: International Diabetes Federation)の会合に向かう途中で、カンボジアを訪れたときのことです。IDFの会議では途上国の糖尿病の子供に継続して糖尿病の治療を行う方策について話し合いました。

何人かの糖尿病患者や医師に会い、糖尿病の治療のために私たちが支援したインスリンや医療資材が、薬剤師のもとに届いているのを見届けました。


送られたインスリンを手に持って
(右)Sarunさん (中央)Khun先生
(左)ロン・ラーブ(Ron Raab)さん
カンボジアを訪れた約10年間に、生存のためにインスリンを必要とする1型糖尿病患者さんを何人も見てきました。多くは貧しい患者さんです。Ol Sarunさんは26歳で、結婚して2歳の子供がいます。Sarunさんは2007年にひどく喉が渇き、体重が減少するという症状により、糖尿病と診断されました。Sarunさんと家族はとても貧しく、首都プノンペンから26km離れた土地に住んでいます。

Touch Khun先生は、Sarunさんにはインスリン療法が必要と判断し、苦心してインスリンを入手し治療を開始しました。その結果、Sarunさんは生き続けることができます。Khun先生は「Sarunさんは支援がなければ生きていけない、そうなると2歳の息子は父親を失うことになる」と言います。

私は支援先を訪れるときは、インスリンの配分という仕事を目的としており、多くのインスリンを持ち運ぶためではありません。しかしそうしたときは、常に余分なインスリンを持ち歩いています。IFLが糖尿病患者のためのプログラムを追加計画できるようになるまで、経過措置として出会った貧しい1型糖尿病患者さんに渡すのです。

19歳のBun Limさん インスリン療法が必要です。しかしインスリンを持続的に
利用するのは困難です。
(右)Khun先生 (中央)Bun Limさん (左)ロン・ラーブ(Ron Raab)さん

Bun Limさんは19歳の若い女性です。1型糖尿病の発症という衝撃は、彼女にとって手に負えないほど多大なものでした。上の写真のLimさんを表情から、そのことを感じとっていただけるでしょうか。私は彼女にインスリンを供給するプログラムを立ち上げるために、できる限りのことをやると主治医であるKhun先生に約束し、いくらかの金銭を寄付するのが精一杯でした。

地方のクリニックでもう一人の患者さんに出会いました。この方は29歳の女性で1型糖尿病と診断されました。若年発症成人型糖尿病(Mody)ではないかと思うのですが、とても痩せており、インスリン療法を数ヵ月間できない状況にあるとみられます。

彼女は、都市にある糖尿病クリニックに行くために、交通費の一部分としてスカンジナビアの方々から寄付された50USドルを使いましたが、それはもうありません。私はふたたび経過措置として自分の持っているインスリンを使うことにしました。彼女に中間型インスリンのバイアル10個を与えたのです。私たちがただちにインスリンは供給することができれば、これらの人々の役にたつと、再び希望をもちました。


もう一枚の写真は、カンボジアでNGO活動を展開する組織「MoPoTsyoの忍耐強いインフォメーションセンター」で撮影したものです。この中の幼い子供は、支援を得られなければ死んでいたでしょう。


16歳のDuch Sei Ynounさんは支援を得て生き続けることができる

 IFLは、国際糖尿病連合(IDF)、欧州糖尿病学会(EASD)、米国糖尿病学会(ADA)の年次集会などでも積極的に広報活動を行っています。IFLの活動に対する認知と協力を、各国政府にも呼びかけています。
 IFLの活動についてもっと詳しく知りになりたいときは、ホームページをご覧ください(IFLホームページ: www.insulinforlife.org)。
2008年12月
 
最近の更新から
南米エクアドルで小児糖尿病患者さんを支援するFUVIDAの活動を紹介します。
国際糖尿病支援基金は、この活動の趣旨に賛同しインスリン・フォー・ライフ(IFL)(オーストラリア)支援しています。

南米エクアドルで小児糖尿病患者さんを支援する活動をしているFUVIDAは、2011年も1型糖尿病の子供を対象とした糖尿病キャンプを7月27日より開催します。
国際糖尿病支援基金は、この活動の趣旨に賛同しインスリン・フォー・ライフ(IFL)(オーストラリア)を通じて、本キャンプへの活動費を寄付しました。

国際糖尿病支援基金が支援するIFLの活動をご紹介します。
IFLは先進国で使われなくなったインスリンなどの医薬品などを途上国の糖尿病治療に役立てる活動を展開しています。

わが友、糖尿病
途上国の糖尿病状況

森田会長からのメッセージ
Ron Raabさんからのメッセージ
概要・運営委員
活動報告
現状・収支報告
支援者名
寄付金・募金のお願い
事務局(お問合せ先)
ENGLISH

国際糖尿病支援基金が支援する糖尿病患者さん

Insulin For Life (IFL)の紹介
チャレンジ
IFLとその目的
運営委員
活動内容
IFLの活動に対する反響
2007年 年次報告
2006年 年次報告
2005年 年次報告
2004年 年次報告
2003年 年次報告
ENGLISH

Dream Trustの紹介
発足の経緯
活動の狙いと目的
実績
支援者
組織の概要
ENGLISH
寄付金・募金のお願い