糖尿病ネットワーク
医療・健康情報グループロゴ医療・健康情報グループ
国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病ネットワーク »  国際糖尿病支援基金 »  DreamTrust:発足の経緯

DreamTrust:発足の経緯
ドリームトラストの誕生のきっかけとなった2つのショッキングな出来事

 インドでは、社会や文化、経済的事情の面において女性や少女に対して、はなはだしい差別が続いており、これが私たちの活動が女の子を優先させる理由となっています。

 このプロジェクトは、私どもが2人の糖尿病の少女を失った下記のような経験から始まりました。

 少女たちの両親は、単に、インスリンを与える経済的な余裕が無いという理由だけでインスリンをストップし、その結果、娘を死に至らせることになってしまったのです。

 カルパナ(kalpana)は、2歳の時に1型糖尿病と診断された5歳の少女でした。彼女は定期的に当クリニックに通っていましたが、ある日ひどいケトアシドーシスとショックによる昏睡状態でクリニックに運び込まれて来ました。どうにかクリニックに着いたもののそれが彼女に残っていた力のすべてでした。手当ての甲斐も無く死亡してしまいました。彼女の家庭は貧しいために、彼女にこれ以上インスリンを与える続けることが出来ず、絶望的な状態の中で、インスリンをストップし、それ以外の安易な方法を選択せざるを得なかったのです。

 私(Dr.Shard ドリームトラスト理事)は、驚くとともに怒りが込み上げてきました。しかし、母親の悲しみにくれる顔を見た時、自分自身の無力さ、またその事実を前にして敗北を認めざるを得ませんでした。

 カルパナは楽しい子で、1型糖尿病の子供たちのためのピクニックに毎年参加して、学習の進歩も早く、いつも心からエンジョイしている様子で、私たちもそんな彼女を見るのを楽しみにしていました。

 その彼女の姿を、ピクニックで見ることはもう2度とありません・・・・・・

 スーダ(Sudha)が8歳で私と会った時は、ちょうど1型糖尿病と診断された時でした。貧しく読み書きの出来ないスーダの両親に、インスリンが彼女が今後生きていくために重要なことを説明しました。この説明を注意深く聞いた後、父親がたずねました。

 「娘がこのさき生きていくためには、毎日インスリンを打たねばいけないのですか?」

 Dr:そうです。

 「もし、インスリンを止めたらどうなりますか?」

 Dr:昏睡を起こし、そのままにしておくと死亡します。

 父親は私の言ったすべてを理解した様子で、静かにうなづき、私自身は自分のカウンセリングの効果に満足していました。

 私はスーダの頭を軽くたたき、両親と一緒に帰しました。

 その1カ月後、私はスーダが死んだことを知りました。

 父親は、そのことがどのような結果になるかを十分に知りながら、あえてスーダのインスリンを中止したのです。

 貧しさゆえに、スーダは生きることが叶わなかったのです。

 カルパナ(kalpana)とスーダ(Sudha)のような悲しい例はそれだけではありません。ショックで心の痛む子供たちの例がもっと沢山あります。

 この事から、私(Dr.Shard)と妻(Swati)は、このような悲劇を防ぐための組織を作ることを決心し、ドリームトラスト(Dream Trust)が誕生したのです。

 しかし、このようなトラストを設立したものの、私たちだけの力ではとても及びません。一人でも多くの子供たちを助けるために、この記事をご覧になった皆さんに理解と協力を
を得て、この運動が広がることを希望しています。

 ドリームトラスト(Dream Trust)は、これまでのところ(2005年現在)80人の子供を含む200人以上の1型糖尿病患者を支援し、インスリンや注射器、試験紙などを無料で支給するとともに、健康状態を診て来ました。

DreamTrust のホームページへ
www.dreamtrust.org/

2005年02月
国際糖尿病支援基金
国際糖尿病支援基金とは
English
最近の情報
国際糖尿病支援基金の活動
国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病